東京センチュリー、16期連続の「増配」を達成して、 配当利回り3.37%に! 配当額は16年で9倍に増加し、 2021年3月期は前期と同額の「1株あたり136円」に!

東京センチュリー、16期連続の「増配」を達成して、 配当利回り3.37%に! 配当額は16年で9倍に増加し、 2021年3月期は前期と同額の「1株あたり136円」に!

東京センチュリー、16期連続の「増配」を達成して、 配当利回り3.37%に! 配当額は16年で9倍に増加し、 2021年3月期は前期と同額の「1株あたり136円」に!の画像

東京センチュリーは、2020年3月期の期末配当を「増配」すると、2020年5月20日の15時30分に発表した。年間配当額は前回予想の「1株あたり134円」から「1株あたり136円」に修正されて、配当利回り(実績)は3.37%にアップした。また、前期比での「増配」も確定し、東京センチュリーの「連続増配期間」は"15期"から"16期"に更新された。

 なお、2021年3月期の配当予想は前期比で「横ばい」の予想で、配当利回り(予想)も3.37%となるが、予想どおりになった場合は連続増配期間が“16期”でストップする見込み。

 東京センチュリーの2020年3月期の配当は、中間配当(9月)が「67円」、期末配当(3月)が「69円」、合計の年間配当額は「1株あたり136円」と確定した。

 2020年3月期の配当の前回予想は「1株あたり134円」だったので、前回予想より「2円」の増配となる。今回の増配発表により、東京センチュリーの配当利回り(実績)は3.32%⇒3.37%にアップした。

 なお、東京センチュリーの2019年3月期の配当は「1株あたり124円」だったので、前期比では「12円」の増配となり、連続増配期間は「16期」を達成した。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 また、東京センチュリーは2021年3月期の予想配当を、中間配当(9月)が「68円」、期末配当(3月)が「68円」、合計の年間配当額は「1株あたり136円」としている。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)