ダイコー通産(7673)、「連続増配」予想を発表し、 配当利回り2.62%に! 配当額は2年で1.17倍に増加、 2021年5月期は前期比2円増の「1株あたり37円」に!

ダイコー通産(7673)、「連続増配」予想を発表し、 配当利回り2.62%に! 配当額は2年で1.17倍に増加、 2021年5月期は前期比2円増の「1株あたり37円」に!

ダイコー通産(7673)、「連続増配」予想を発表し、 配当利回り2.62%に! 配当額は2年で1.17倍に増加、 2021年5月期は前期比2円増の「1株あたり37円」に!の画像

ダイコー通産は、2021年5月期の配当を前期比で「増配」とする予想を、2020年7月7日の15時に発表した。これにより、ダイコー通産の配当利回り(予想)は2.62%にアップし、「連続増配」の見通しとなった。

 ダイコー通産が発表した2020年5月期の決算短信によると、2021年5月期の予想配当は「1株あたり37円」となっている。なお、ダイコー通産は期末配当による年1回の配当を基本方針としており、中間配当は実施していない。

 ダイコー通産の2020年5月期の配当予想は「1株あたり35円」なので、前期比で「2円」の増配となる。今回の増配発表によって、ダイコー通産の配当利回り(予想)は2.48%⇒2.62%にアップすることとなった。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 ダイコー通産は、配当政策の基本方針を「安定的かつ業績に応じた配当を行うこと」としつつ、「配当性向35%程度」を目途としている。そして、2021年5月期の「増配」予想は、この配当政策に則った形となっている。

 なお、2021年5月期の配当予想および業績予想が発表されたことを受けて、ダイコー通産の株価はSBI証券の夜間取引(PTS取引)で一時、発表当日(2020年7月7日)の終値1411円より49円も高い1460円(+3.47%)を記録しており、明日の株式市場でも注目を集めることになりそうだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)