ダイコー通産(7673)、「連続増配」予想を発表し、 配当利回り2.62%に! 配当額は2年で1.17倍に増加、 2021年5月期は前期比2円増の「1株あたり37円」に!


【※関連記事はこちら!】
⇒夜間取引(PTS取引)ができる証券会社を紹介! 株式市場が閉まった夕方や夜でもトレード可能なネット証券の「取引時間」や「売買手数料」を比較!

ダイコー通産の過去3期の配当の推移は?■ダイコー通産(7673)の年間配当額の推移 2019年5月期2020年5月期2021年5月期配当額(年)31.5円35円37円(予想) ダイコー通産は2019年3月に上場し、2020年5月期の配当は前期比で増配となっている。そのため、2021年5月期の配当予想「1株あたり37円」が予想通りに実施されれば、”連続増配”を達成することになる。
【※関連記事はこちら!】
⇒「連続増配株ランキング」ベスト20![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、18期連続増配で利回り3.7%と高水準の「KDDI」など、おすすめの増配銘柄を紹介!

 また、参考としてダイコー通産の配当額の伸び具合も確認しておきたい。2019年5月期から2021年5月期までの2年間で、ダイコー通産の年間配当額は「1株あたり31.5円」から「1株あたり37円」まで、1.17倍に増加している。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

 配当が増えているということは業績が好調な証拠でもある。

関連記事(外部サイト)