ダイコー通産(7673)、「連続増配」予想を発表し、 配当利回り2.62%に! 配当額は2年で1.17倍に増加、 2021年5月期は前期比2円増の「1株あたり37円」に!

実際に、ダイコー通産の株価は2019年5月の終値792円から2020年1月に記録した年初来高値の1890円まで、2.38倍に上昇している。なお、本日(2020年7月7日)の終値は1411円なので、現在は2019年5月の終値から1.78倍に上昇した水準で推移している。

■ダイコー通産(7673)の株価チャート/月足・上場日〜本日(2020年7月7日)

ダイコー通産の配当利回りは? ダイコー通産の2020年7月7日時点の株価(終値)は1411円なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※ダイコー通産の配当利回り】
株価:1411円
年間配当額:37円
配当利回り:37円÷1411円×100=2.62%

 ダイコー通産の配当利回りは2.62%。2020年6月の東証1部の平均利回りは2.15%(配当実施企業のみ)なので、ダイコー通産の配当利回りは「やや高め」と言える。なお、ダイコー通産は株主優待を実施していない。
【※関連記事はこちら!】
⇒「7月に権利が確定する株」の配当利回りランキング! 配当利回り4.1%で9期連続増配予想の「積水ハウス」、15期連続増配の「プラネット」など、上位10銘柄を公開

 ダイコー通産は、CATV・情報通信分野に特化し、ケーブルや通信機器などを扱う商社。

関連記事(外部サイト)