グリムス(3150)、記念配当と5期連続の「増配」を発表 し、配当額は5年で5.8倍に! 2021年3月期は前期比 5円増の「1株あたり29円」、配当利回りは0.8%に!

グリムス(3150)、記念配当と5期連続の「増配」を発表 し、配当額は5年で5.8倍に! 2021年3月期は前期比 5円増の「1株あたり29円」、配当利回りは0.8%に!

グリムス(3150)、記念配当と5期連続の「増配」を発表 し、配当額は5年で5.8倍に! 2021年3月期は前期比 5円増の「1株あたり29円」、配当利回りは0.8%に!の画像

グリムスは、2021年3月期の中間配当で「1株あたり5円」の“市場変更記念配当”を実施すると、2020年7月31日の16時に発表した。これにより、グリムスの年間配当額は「1株あたり29円」となり、配当利回り(予想)は0.71%⇒0.86%にアップした。また、前期比でも「増配」となるため、「連続増配期間」は"4期"から"5期"に更新される見通し。
(※なお、グリムスは2020年9月1日を効力発生日とする株式分割(普通株式1株につき2株の割合)を予定している。ただし、混乱を避けるため、この記事では株式分割を考慮しない配当額で統一する)

 グリムスは2021年3月期の予想配当を、中間配当(9月)が普通配当「5円」と記念配当「5円」の計「10円」、期末配当(3月)が普通配当「19円」、合計の年間配当額は「1株あたり29円」に修正すると発表した。

 前回の予想では「1株あたり24円」だったので、前回予想より「5円」の増配となる。今回の増配発表により、グリムスの配当利回り(予想)は0.71%⇒0.86%にアップした。

 また、グリムスの2020年3月期の配当は「1株あたり24円」だったので、前期比でも「5円」の増配となる見込み。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 グリムスは、2020年6月24日に上場市場を東証JASDAQ(スタンダード)から東証2部に変更。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)