日本調剤(3341)、株主優待を拡充し、配当+優待利回 りが3.2%に! 1株⇒2株の分割後も100株でもらえる 優待券の額面は変わらず、優待利回りは従来の2倍に!

日本調剤(3341)、株主優待を拡充し、配当+優待利回 りが3.2%に! 1株⇒2株の分割後も100株でもらえる 優待券の額面は変わらず、優待利回りは従来の2倍に!

日本調剤(3341)、株主優待を拡充し、配当+優待利回 りが3.2%に! 1株⇒2株の分割後も100株でもらえる 優待券の額面は変わらず、優待利回りは従来の2倍に!の画像

日本調剤株式会社が、株主優待を一部変更することを、2020年9月23日の15時に発表した。

 日本調剤の株主優待は2020年3月期から開始されたばかりで、これまでは「3月末」時点の株主が対象となり、内容は「100株以上を保有する株主に『自社オンラインストア優待券』3000円分を贈呈。500株以上保有する株主に『自社オンラインストア優待券』1万5000円分を贈呈」というものだった。

 今後も「自社オンラインストア優待券」が贈呈される点に変わりはないが、株主優待の基準日が「9月末」と「3月末」の年2回に変更される。それに伴って「自社オンラインストア優待券」の額面も調整され、「100株以上を保有する株主に『自社オンラインストア優待券』1500円分を、年2回贈呈。500株以上保有する株主に『自社オンラインストア優待券』7500円分を、年2回贈呈」となる。つまり、年2回分の合計額は、変更前の額面と同じになる。

 ただし、日本調剤は2020年4月1日付で1株⇒2株の株式分割を実施している。分割後も株主優待の配布基準は「100株以上」と「500株以上」の2段階のままで、年間にもらえる優待券の額面も変更されていないため、分割前と比較すると株主優待の獲得に必要な最低投資額は半分になり、100株保有時の株主優待利回りは2倍になる。

 日本調剤の株主優待の変更は、2020年9月末時点の株主名簿に記載または記録された株主から適用される。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)