No.1(3562)、3期連続となる「増配」を発表して、 年間配当は2年で3倍に急増! 2021年2月期は前期比 15円増の「1株あたり45円」、配当利回り1.12%に!

No.1(3562)、3期連続となる「増配」を発表して、 年間配当は2年で3倍に急増! 2021年2月期は前期比 15円増の「1株あたり45円」、配当利回り1.12%に!

No.1(3562)、3期連続となる「増配」を発表して、 年間配当は2年で3倍に急増! 2021年2月期は前期比 15円増の「1株あたり45円」、配当利回り1.12%に!の画像

No.1(ナンバーワン)は、2021年2月期の配当予想を修正して、前回予想比および前期比で「増配」とする予想を、2020年10月19日の12時30分に発表した。これにより、No.1の配当利回り(予想)は1.12%となり、”3期連続増配”の見通しとなった。なお、No.1は2020年11月1日を効力発生日とする株式分割(普通株式1株につき2株の割合)をする予定だが、今回の配当修正では分割後も「1株あたり15円」の期末配当予想を維持すると発表したことで、分割前で考えると「1株あたり30円」となり、実質的には増配となる形だ。
(※なお、混乱を避けるため、この記事では株式分割を考慮しない配当額で統一する)

 No.1は2021年2月期の予想配当を修正し、中間配当(8月・権利確定済み)が「15円」、期末配当(2月)が「30円」、合計の年間配当額は「1株あたり45円」とすると発表した。

 年間配当額の前回予想は「1株あたり30円」だったので、前回予想より「15円」の増配となる。今回の増配発表により、No.1の配当利回り(予想)は1.12%となった。

 また、No.1の2020年2月期の配当は「1株あたり30円」だったので、前期比でも「15円」の増配となる見込み。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 No.1は2020年5月に、情報セキュリティ機器やテレワーク関連機器の商品企画力に強みのある株式会社アレクソンの完全子会社を発表している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)