短期投資ではなく、NISAは中長期投資で活用する 来年以降に業績回復し、人気化する銘柄を仕込む 非課税枠120万円で購入可能な7銘柄を一挙公開!

NISAは短期投資ではなく、中長期投資に向く 今回はNISA口座の活用法を紹介します。NISAで投資するお勧めの銘柄も紹介しますので、ご期待ください。NISAには2種類あり、1つが「一般NISA」、もう1つが「つみたてNISA」です。一般NISAとつみたてNISAは同じ年で併用できません。

 一般NISAは、1年間で120万円の株式や投資信託を購入でき、それらのキャピタルゲイン(売却益)やインカムゲイン(配当金)が最長5年間非課税になります。通常は20%の税金がかかることを考えると大きなメリットです。

 5年という非課税期間を考慮した場合、中長期投資に向いていると言え、NISA投資する際の銘柄選びも中長期でデザインする姿勢が大切です。逆に言えば、次に述べるような「拙速」な短期投資はやめておくのが賢明です。

NISA投資で避けた方がいい銘柄とは NISAを活用した中長期投資で避けた方がいい銘柄は3種類あります。

 1)今年になり株価が倍以上になるなど調子の良すぎる銘柄。来年以降に失速する懸念が大きい
 2)構造不況業種で配当利回りがあまりにも高い銘柄。長期でキャピタルロスする懸念が大きい
 3)今期が大幅増益など足元のモメンタムが強すぎる銘柄。来年以降に悪化する懸念が大きい

 多くの機関投資家や個人投資家は短期の傾向が強く、今年調子が良い銘柄を購入しがちです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)