映画『マッドマックス2』の世界観を持つ「サバイバリスト」は、 ダークステイト(闇の政府)が世界を支配し、 明日にも「終末」が訪れてキリストが再臨すると信じている 【橘玲の日々刻々】

映画『マッドマックス2』の世界観を持つ「サバイバリスト」は、 ダークステイト(闇の政府)が世界を支配し、 明日にも「終末」が訪れてキリストが再臨すると信じている 【橘玲の日々刻々】

アメリカ、ザイオン国立公園で見かけたモルモン教の学校の教師と生徒たち(本文とは関係ありません) (Photo:@Alt Invest Com)

タラ・ウェストーバーの『エデュケーション』(早川書房)は、ビル・ゲイツやミシェル&バラク・オバマが絶賛したことで、全米で400万部のベストセラーとなった。

 中西部アイオワ州の片田舎に生まれた少女は、きわめて特異な環境で育つことになる。両親は厳格なモルモン教徒で、とりわけ父親は「サバイバリスト」と呼ばれる極端な原理主義者だった。

サバイバリストは明日にも「終末」が訪れてキリストが再臨すると信じている サバイバリストの特徴は、政府は陰謀組織(ダークステイト)によって支配されている信じ、いっさいの公共的なものを拒否することだ。これは教育だけでなく、医療や社会保障のような公共サービスも含まれる。

 その結果、タラは小学校から高校まで、いちども学校に通ったことがなかった。こうした子どもは「ホームスクーリング」によって自宅学習していることになっているが、親から習ったのはモールス信号だけだった。

 アメリカではホームスクーリングの権利が広く認められているが、これは教育の多様化というよりも、保守的な宗教原理主義者(聖書に反する進化論などを子どもに教えたくない親たち)への配慮で、すくなくともタラの場合は、家庭でどのような教育が行なわれているのか、公的機関による確認はいっさい行なわれていない。

 もうひとつのサバイバリストの特徴は、明日にも「終末」が訪れてキリストが再臨すると信じていることだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)