長期投資の根幹をなすグランドデザインを解説。 配当収入とその再投資による株数増加で資産を形成。 株価下落も配当利回りの上昇によって長期収益に貢献

長期投資が成功する必然的な理由とは? 本コラムでは、成長株の長期投資に興味がある方に向けて、今回から数回に渡ってその意義や基本を伝えていきます。

 私が考える最も成功しやすい投資とは、複数の成長株銘柄でポートフォリオを構築し、それを長期で運用することです。その理由は、ポートフォリオを組むことで個別銘柄に起きる偶発的な失敗を小さくし、さらにそれを長期で運用することでリスクとリターンの関係が良化するからです。

継続的に得られる配当収入が長期投資のリターンの源泉 長期投資で得られるリターンは、配当というインカムゲインの継続性を利用するものと言い直すことができます。そして、そのインカムゲインは事業が継続することによって得られます。

 企業には経営者や従業員などの人、設備や培ってきた知的資産、土地や現金など多くの資産があります。とりわけ上場企業はヒト、モノ、カネが集中し、社会の変化に応じて事業内容を変化させる力を持っています。例えば、江戸時代に始めた薬屋は当時の薬をずっと売り続けているのではなく、今では高度な科学技術を活用して創薬し、世界中に販売するなど、時代と共に事業を発展しています。

 一方、いつの時代にも無数に存在する零細企業や個人事業主などは、上場企業ほどの資金力やマンパワーを持っていることは例外的で社会変化に応じて事業内容を変えるのは容易ではありません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)