音楽バラエティの温故知新〜「おげんさんといっしょ」

ギャラクシー賞月間賞:
「おげんさんといっしょ」

5月4日放送
22:50〜23:50
日本放送協会

 テレビの黎明期を支えたジャンルのひとつ、それが音楽バラエティである。1950年代後半から60年代初頭にかけて「花椿ショウ・光子の窓」(日本テレビ)、「夢であいましょう」(NHK)、「シャボン玉ホリデー」(日本テレビ)などが始まり、人気を集めた。音楽、コント、トークなどを自在に組み合わせ、誰もが楽しめる洗練された娯楽を提供する音楽バラエティがテレビの歴史のなかで果たしてきた役割は大きい。

 5月4日に生放送された「おげんさんといっしょ」は、そんな音楽バラエティの良き伝統に今の時代のテレビに求められる要素を巧みに融合させ、近年下火の感もあった音楽バラエティというジャンルに新しい息吹をもたらした。その点を高く評価したい。

 例えば、昭和の木造家屋風のセットのなかで、女装した「おかあさん」役の星野源が、高畑充希、藤井隆、細野晴臣の「家族」と繰り広げる笑いは、「夢であいましょう」や「シャボン玉ホリデー」のコントのようで、懐かしさを感じさせる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)