「調査報道」で戦争に迫る〜NNNドキュメント'17 「戦争のはじまり 重慶爆撃は何を招いたか」

ギャラクシー賞月間賞:NNNドキュメント'17
「戦争のはじまり 重慶爆撃は何を招いたか」

5月21日
24:55〜25:50
日本テレビ放送網

 重慶爆撃については戦史上初めての都市爆撃だったという程度の知識しかなかったが、この番組を通じて詳細を知ることができた。何よりも日中双方の一次史料から、重慶爆撃が軍事施設だけではなく、市民を巻き込む無差別爆撃だったことを立証した点は大きい。

 まず日本側の史料だが、現在防衛省に保管されている日本陸軍の『航空部隊用法』には「直接その住民を空襲し敵国民に多大の恐怖を与えてその戦争意思を挫折すること」と記されていた。これは重慶爆撃の1年前に制定されたものであり、当時すでに戦略爆撃の構想があったことがわかる。また、日本軍は1940年に「百一号作戦」として重慶への爆撃方針を変え、重慶市をいくつかの区域に分け、組織的な爆撃を試みた。爆撃地点には市街地が含まれ、日本軍が軍事施設だけではなく、市民への無差別爆撃を意図して実施したことを示す史料であった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)