多忙の池上を襲った化学反応の末路「池上彰と“女子会”」(TBSテレビ 10月4日)

文=桧山珠美

 池上彰が女子会に!? それだけで一見の価値はありそうだ。女子会のメンバーは、いまやTBS夕方の顔となった「Nスタ」キャスター・ホラン千秋以下、藤田ニコル、小倉優子、堀田茜、尼神インター・誠子、ニッチェ・江上、瑛茉ジャスミンの面々。進行役には陣内智則も。ピンクが基調のラブリーなセットと池上の、まあ似合わないこと!

 で、その中身はというと、女性500人に調査した「池上彰に聞きたいこと」をもとに女子会トークを展開し、池上が彼女らの疑問に答えていくというものだ。問題はその質問で、「イケメン貧乏とブサイク金持ち、結婚するならどっち?」とか「やっぱり女は見た目が100%?」といった、どーでもいいですよー(だいたひかる)な話題ばかり。そもそもなのだが、周りを見渡しても「イケメン貧乏」も「ブサイク金持ち」もおらず、いるのは「ブサイク貧乏」ばかりだ。なので、この二択に意義あり!だ。

 「女は見た目?」も、「美人はそうじゃない人と比べて生涯で3000万円得してる」と、池上にデータを駆使しつつ言われれば、なるほどと納得してしまいそうになるが、よくよく考えればなんとも失礼な話。政治・経済を語るように、女子の悩みにも誠実に答える池上はさすがだが、なにも池上がやらなくても。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)