権力に都合のいい“法治主義”〜ETV特集 NHKスペシャル 「消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実」

ギャラクシー賞月間賞:ETV特集
ETV特集

NHKスペシャル
「消えた弁護士たち 中国“法治”社会の現実」

7月22日放送
21:00〜21:49
日本放送協会

 「黙れ、あばずれ!」――。

 身柄拘束中の人権派弁護士宅前。留守を預かる妻に私服の警察官が罵声を浴びせる。カメラが回っていることなどお構いなしの様子に戦慄を覚えた。同時に撮影者の身を案じてしまった。ぎりぎりの取材だったはずだ。

 政府当局による国民への人権侵害が取り沙汰される中国。問題を表面化させないために、当局は被害を訴える人々の側につく弁護士に圧力をかけるという巧妙な挙に出ている。法に基づく社会秩序の維持を進めているようで、その実、当局に都合のいい“法治主義”で人権侵害を繰り返す。こうした大国の暗部に鋭く迫り、弁護士らが直面する危機を生々しく記録した。取材源に肉薄した映像は衝撃度がひときわ強かった。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)