出演者&制作者のみなさん! 一生懸命(アオハル)ですか!?「アオハルTV」(フジテレビ 日曜よる9時)

決定!第122回ダラクシー賞
文=桧山珠美

 カップヌードルのCM「アオハルかよ。」が話題になったのはかれこれ2年前のこと。『魔女の宅急便』のキキが、「アルプスの少女ハイジ」のハイジが、「サザエさん」のサザエさんが、現代の女子高生になっての甘酸っぱい胸キュンシーンはまさに青春そのもの。たしかにアオハルだった。

 翻ってこの「アオハルTV」。MCのヒロミ54歳を筆頭に、ビビる大木(44)、DAIGO(40)とおっさんだらけ。かろうじて許せるのはSexy Zoneの菊池風磨(24)、佐藤勝利(22)くらいのもの。アオハル感なさすぎだ。

 もっとも、番組によれば、「何かに一生懸命な人=アオハルな人」を発掘し、応援していく“青春応援バラエティ”ということで、つまりは「生涯現役」「一生青春」というシニア雑誌のキャッチーなコピー的なものらしい。

 そもそも、日曜よる9時のこの枠は、NHK「Nスペ」、日本テレビ「行列のできる法律相談所」、TBS「日曜劇場」と、強豪だらけ。フジも、「アオハル」の前は「ニチファミ!」という単発特番枠を、その前はドラマ枠、さらにその前は「日曜ファミリア」という単発特番枠と、何をやってもその鉄壁を突破できない状態。思えば、「発掘!あるある大事典」の頃はよかったな〜、あの頃の栄華をもう一度と、藁をも掴む思いでヒロミを起用したのか。あるいは、「あるある〜」の贖罪なのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)