若者の3分の2が毎日OTT視聴 コンテンツを映画館でも

文=在米ジャーナリスト
津山恵子

ディズニー・プラスもついに参入

 ネットフリックス(Netflix)を始め、オンラインでドラマシリーズや映画を見るオーバー・ザ・トップ(OTT)サービスは、視聴者数の拡大が続く。2019年11月には、注目の「ディズニー・プラス(Disney+)」も始まった。若者は、テレビ放送ではなくOTTを主に利用していることも調査でわかった。また、ネットフリックスは、巨額の資金をつぎ込んだ映画を全米の映画館でも上映し始め、20年のアカデミー賞受賞を狙っている。

 調査会社ボーハウス・アドバイザーズは19年9月末、OTT視聴に関する調査結果を発表した。デジタル・メディア・ワイヤー誌が催したイベント「フューチャー・オブ・テレビジョン」の席上で、関係者を驚かせた。

 調査によると、18〜34歳の67%がオンラインビデオをパソコン、スマートフォン、タブレット、スマートTVで「毎日」見ているという。まさに3分の2にあたり、全年齢でも50%に達する。

 コンテンツを見る端末も、18〜34歳では、テレビが主流ではない。テレビがメインの端末と答えたのは、わずか19%で、最も多いのはスマホ(29%)、パソコン(21%)である。これが全年齢層では、テレビ(43%)、スマホ(16%)、パソコン(15%)となり、テレビは依然として主流ではあるが、それでも全体の半分を切っている。

 次に、OTT市場を見てみよう。調査では、74%のインターネットユーザーが、サービスを利用しているという。ネットフリックスは59%と6割に達する勢いで、Amazonプライム・ビデオ(41%)、Hulu(32%)が続く。

 娯楽大手ウォルト・ディズニーは11月12日、ディズニー・プラスのサービスを米国、カナダ、オランダで始めた。すでにネットフリックスの一人勝ちにも見える市場だが、ディズニー・プラスは「地殻変動」を起こすとされる。ディズニーアニメや『スター・ウォーズ』などのヒット作に加え、ピクサー、マーベル・スタジオ、20世紀フォックス、ナショナル・ジオグラフィックのヒット作も加わる。

 果たして消費者は、これまでに受けていたサービスのほかに、ディズニー・プラスを契約するのだろうか。注目の契約料は月額が6・99ドルと、ネットフリックスのベーシック8・99ドルよりも割安だ。さらに、ネットフリックスにはない年間契約があり、69・99ドルであるため月額は5・8ドルとさらに安くなる。

 前出のボーハウスの調査によると、OTTサービス利用者で、有料で契約してもいいと思っているサービスの数は平均で「1・6」となっており、消費者は一つ以上の有料サービスを契約する用意があることになる。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)