歴史的瞬間に、お仕着せは「ノー」管理強める英政権vs.メディア

文=在英ジャーナリスト
小林恭子

 英国は、2020年1月31日をもって欧州連合(EU)を離脱した。1973年にEUの前身となる欧州共同体(EC)に加盟してから47年。第2次世界大戦後に始まった欧州統合の流れから、英国は外に出ることになった。加盟国のなかで離脱する国は初だ。英国にとっても、世界にとっても大きな歴史的転換のときだったといえよう。

 この重要な時が訪れる1時間前の午後10時(EUの本拠地ブリュッセルでは同日夜11時)、ボリス・ジョンソン英首相は国民へのメッセージが入った動画(約3分間)を官邸のフェイスブックとツイッターを通じて配信した。離脱が実現した瞬間の午後11時(ブリュッセル同12時)には、議会の大時計ビッグベンの鐘の音が厳かに流れ出した(ただし、ビッグベンは改修中で、録音されたものではあったが)。議会前の広場には離脱派の政治家や聴衆が集まり、一斉に歓声を上げた。

 動画の内容と発表時間はメディア各社に先に伝えられており、BBCのニュースサイトはその概要を事前に報道していた。首相が「離脱は新しい時代の夜明けだ」と述べたという動画を筆者は見たいと思い、BBCや民放最大手ITVの24時間ニュースのチャンネルをずっとつけていたのだが、午後10時を過ぎても一向に首相が登場しない。BBCの司会者は概要を説明したが、動画自体は放送されなかった。ITVも同様であった。

 後で知ったのだが、主要放送局は首相の動画をあえてそのまま出さないことを選択していた。それは「官邸が制作したものだったから」。これまでは重大事に首相が国民に語りかける必要があるとき、いずれかの放送局が官邸に入って代表取材し、ほかの放送局も動画を使えるようにするのが通例だ。政権とは独立した存在である報道機関が取材・撮影を行うことが重要であって、官邸が制作したものをそのまま流すのでは政府の宣伝になってしまう懸念があった。

 放送局側の報道機関としての矜持を示した選択だったわけだが、視聴者のなかには不満も残った。BBCニュースの「ニューズウオッチ」(2月7日放送)という番組のなかで、ある視聴者が「この歴史的な瞬間に首相が国民に語ったことをテレビでそのまま聞きたかった」「誰もがソーシャルメディアを使っているわけではない」と話した。

 筆者はメディアの矜持には敬意を表するものの、「官邸が制作した動画です」といった説明を加える形で放送・配信するなど工夫ができなかったのかと残念に思ったのも事実だ。なお、衛星有料放送のスカイテレビや新聞メディアのウェブサイトは動画を掲載した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)