警察が排除したのは私たちの自由〜ザ・フォーカス「ヤジと民主主義〜警察が排除するもの〜」

ギャラクシー賞月間賞:ザ・フォーカス
「ヤジと民主主義〜警察が排除するもの〜」

2月2日放送
25:20〜25:50
北海道放送

 2019年7月15日、札幌駅前で行われた参議院選挙自民党候補の応援演説を行う安倍総理に向けて、「安倍やめろ」と声をあげた男性や「増税反対」の声をあげた女子大学生が、複数の警察官によりその場から排除された。別の場所では無言でプラカードを掲げた女性たちも警察官に囲まれた。

 地元局の北海道放送が、この警察による排除行動の正当性を真正面から問い直した本作は、あきらかに演説妨害にはあたらない人々を排除することの違法性を論理立てて解説する前半から、後半では言論や表現の自由を警察が取り締まった治安維持法へと話をつなげていく。30分と短い尺ながら、論点にブレのない、今、作られるべき番組だった。

 冒頭、歓迎する人たちに笑顔で答える安倍総理と、批判の声をあげた人々が周囲の警察官に排除される映像が交互に映し出される。排除の様子を捉えた映像はすでにネットに出回っていたが、こうして番組として見せられると、改めてその異常性が際立った。21人の警察官がたった一人の男性を取り囲み、排除の法的根拠を聞いても「法律にひっかかっているのではなくて、やめようって言ってるの」と繰り返すばかり。排除された女子大学生に付きまとう二人の女性警察官も口々に「声をあげないって約束してよ」「今日はもうあきらめて」「お願いお願い」と言葉を重ねる。警察官たち自身が、排除に法的根拠はないことを理解していながら、上からの指示で仕方なく動いていることがわかる。

 また、排除の場面を捉えた映像を見ていると、「安倍総理を支持します」といったプラカードを掲げた1000人以上の観衆の、まるで書き割りのような熱のなさが印象に残った。そのなかでたった一人、「安倍やめろ」と自分の声をあげた男性を排除する警察官。政権への異論を警察が封じることの危機感を伝える番組だったが、同時に政権側が「声をあげる国民」へ抱いている危機感もまた、くっきりとあぶり出されていたように思えた。(岩根彰子)

★ギャラクシー賞月間賞とは?=NPO放送批評懇談会が、優れた番組を自主的に選び出す制度。月間賞に選ばれた番組は、年間のギャラクシー賞審査に自動的にエントリーされる。

1

関連記事(外部サイト)