芸人フィーリングカップルの瞬発力〜「史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ2020」

ギャラクシー賞月間賞:
「史上空前!!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ2020」

4月11日放送
19:00〜21:54
TBSテレビ

 2013年まで新春特番として毎年放送されていた「ザ・ドリームマッチ」が7年ぶりの復活。フィーリングカップル形式で新しいコンビが生まれ、新ネタを披露――という変わらないフォーマットでこの番組が月間賞に選出された背景には、この数年で顕著になった芸人側の変化と、芸を楽しむ視聴者の変化があった。

 「ザ・ドリームマッチ」の楽しみは、フィーリングカップル部分の悲喜こもごも、メイキングで見えてくるネタ作りと人間関係、そして本番のネタとさまざまだが、今回は写真撮影のコントで優勝を飾った秋山竜次(ロバート)×ノブ(千鳥)をはじめ、純粋にネタを楽しめるコンビが多かった。その理由として指摘されたのは、テレビで「若手」とされる期間が長くなり、芸歴を重ねても単独ライブを続け、ネタ作りに力を入れる芸人が増えているからではないか、ということ。ゲストを呼ぶことも多い劇場での活動で、柔軟なネタ作りの力が養われているのかもしれない。

 そして、視聴者の側は、よりフィーリングカップルの部分を楽しめるように進化している。ここ数年、テレビやラジオで芸人自身がお笑いを分析することが増えた。その結果私たちも、誰が誰をどのように評価しているかなんとなくわかっているし、自分でも芸人のスタイルを分類し、強みを見きわめることができるようになった。並んだ20人の芸人たちの上に、能力のパラメーターが見えるようになったのだ。ある芸人が自分の能力をどう評価し、何を求めているのか。実現した組み合わせで何が生まれたのか。その視点を手にした今、「ザ・ドリームマッチ」はいっそう面白い。

 最後に岩井勇気(ハライチ)×渡辺直美の「醤油の魔人、塩の魔人」について。バズらせたいという岩井の「意外な思想」で作られたこのコントは狙い通りバズったし、普段のテレビでは見られない岩井の異能が発揮された。この世に「渡辺直美に醤油の魔人になってもらって、自分は塩の魔人になって歌ネタをやるんだ!」と心に決めている人がいて、それを実現する場があるって素晴らしい。次の開催が楽しみだ。(藤岡美玲)

★ギャラクシー賞月間賞とは?=NPO放送批評懇談会が、優れた番組を自主的に選び出す制度。月間賞に選ばれた番組は、年間のギャラクシー賞審査に自動的にエントリーされる。

1

関連記事(外部サイト)