力強さを見せる コロナ禍のテレビ業界

文=ジャーナリスト
津山恵子

怪我の功名 !? 一変したCM・広告

 新型コロナウイルスの感染拡大で、米テレビ業界では、番組制作を一切ストップした状態が依然続いている。ニュース番組やトークショーも出演者らが自宅から放送する体制を続けてきた。毎年春に開催されるプライムタイムのCMの先行販売「アップフロント」も開かれず、業界の先行きは不透明な部分が多い。しかし、危機を通して新たな制作技術が生まれ、新しいタイプのCMが表れるなど、学びも多かった。

 米4大ネットワーク局の本社があるニューヨーク市では、3月22日から出勤禁止・自宅待機のロックダウンが始まり、6月22日にやっと出勤禁止が解かれた。この間、ニュースやトークショーは、アンカーなど各出演者が自宅から参加し、コメンテーターもすべて自宅からSkypeなどで出演してきた。実は報道機関はエッセンシャル・ワーク(絶対不可欠な仕事)に入っており、出勤は可能だが、感染を防ぐため「社会的距離(約2メートル)」を確保しているという姿勢を視聴者に見せるためでもあった。

 ロックダウンの間には、CMも大きく変化した。これまで目立っていた自動車、リゾート関連などのCMが消え、保険、医療サービス、日用品、薬品が増えた。意外なところでは、芝刈り機や除草剤、雨樋など日曜大工・ガーデニング関連が増えた。

 モノを売ることを目的にしないCMも一時増えた。アップテンポではないドラマチックな音楽が鳴り、無人街に医療関係者がマスクをした顔が映った後、メッセージが出る。「あなたのためにここにいます」(ウォルマート)、「自宅待機しましょう、それができない人たちのためにも」(Uber)などだ。これは、消費者のことを考えているという姿勢を新型コロナ危機の間に見せることで、経済活動が再開した際、メッセージを見て好感を持ったブランドに消費者が戻ってくることを期待した形だ。

 また、Z世代(2000〜2010年代生まれ)は、広告にメッセージ性を求めていることがわかってきた。サバンナ芸術&デザイン大学のジュディ・サルジンガー教授は、『ヴァニティ・フェア』誌にこう話した。

 「Z世代は、広告は人々を癒し、寄り添わせるものであるべきだと考えています」

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)