【マイベストTV賞】6月度ランキング発表!トップ3は『リバース』、『ブランケット・キャッツ』、『おんな城主 直虎』に

【マイベストTV賞】6月度ランキング発表!トップ3は『リバース』、『ブランケット・キャッツ』、『おんな城主 直虎』に

放送批評懇談会の正会員とオンライン会員「Gメンバー」が選ぶ2017年6月度の「マイベストTV賞」が8月4日に発表され、1位にTBS系列『リバース』、2位にNHK『ブランケット・キャッツ』、3位にNHK『おんな城主 直虎』、4位にNHK『サラメシ』、5位にNHK『人工知能 天使か悪魔か』が選ばれた。



1位:金曜ドラマ『リバース』

放送局:TBS系列
製作局:TBS
放送期間:2017年4月14日 - 6月16日
放送時間:金曜22:00 - 22:54
演出:塚原あゆ子、山本剛義、村尾嘉昭
原作:湊かなえ『リバース』
脚本:奥寺佐渡子、清水友佳子
プロデューサー:新井順子
出演:藤原竜也、戸田恵梨香、玉森裕太(Kis-My-Ft2)、小池徹平、三浦貴大、市原隼人、武田鉄矢
エンディング曲:シェネル「Destiny」
(Wikipediaより)
【会員批評コメント】
・この作品は全編通してドラマ音楽の効果が素晴らしく、またこの制作チームの作品が見たいと思いました。若者たちの内側を覗くようにドラマが展開していき、毎週続きが気になる演出も楽しかったです。
・過去と現在を交互に表現する演出がよかったです。それぞれの過去が多角的に出てきて興味深かったです。
・みんなの心に重いものを抱えながら、でもそれぞれが前を向いて生きていく希望が見える終わり方が良かった。訪ねて来た息子の友達を受け入れようとするお父さんの気持ち、息子の死の真相を知らされて受け入れられないお母さんの気持ち、そのどちらもが切ない。



2位:ドラマ10『ブランケット・キャッツ』

放送:日本放送協会(NHK)
製作:日本放送協会(NHK)
放送期間:2017年6月23日 - 8月4日
放送時間:金曜 22:00 - 22:49
製作総指揮:土屋勝裕、池田健司
演出:大谷太郎、本多繁勝
原作:重松清
脚本:江頭美智留
プロデューサー:松本明子
出演:西島秀俊、吉瀬美智子、島崎遥香、唐田えりか、酒井美紀、美保純
音声:ステレオ放送
字幕:字幕放送
エンディング曲:矢野顕子「Soft Landing」
(Wikipediaより)
【会員批評コメント】
・猫好きなので見始めました。愛らしい猫もたくさん出てきますが、纏わる人間模様も面白く見ています。
・8匹の猫に起こされるオープニングや気ままに行動する猫たちを困り顔で、でも愛情を持って世話をするシーンが好きです。最近の猫ブームに乗っかったドラマではなく猫をもらいに来た人たちがそれをきっかけに再生していくドラマだと思います。
・正直予告を見たときは「猫はかわいいけど地味そうなドラマだな」という印象で、西島さんと猫だけを目当てに第1話を見たのですが、地味だけど温かい、人に寄り添ったドラマで、今となっては次で最終回だなんて淋しすぎる!と思うくらい。矢野顕子さんが歌う主題歌もすごくドラマの雰囲気に合っていて、見た後に心がほっこりします。



3位:大河ドラマ『おんな城主 直虎』

放送:日本放送協会(NHK)
製作:日本放送協会(NHK)
放送期間:2017年1月8日 -
放送時間:日曜 20:00 - 20:45
演出:渡辺一貴
脚本:森下佳子
プロデューサー:岡本幸江
出演:柴咲コウ、浅丘ルリ子、朝倉あき、阿部サダヲ、市川海老蔵、市原隼人、井上芳雄、宇梶剛士、梅沢昌代、尾上松也、筧利夫、苅谷俊介、貫地谷しほり、栗原小巻、小林薫、小松和重、財前直見、嶋田久作、春風亭昇太、杉本哲太、菅田将暉、高橋一生、田中美央、でんでん、菜々緒、花總まり、吹越満、本田博太郎、前田吟、松平健、三浦春馬、光浦靖子、ムロツヨシ、柳楽優弥、矢島健一、山口紗弥加、山本學、矢本悠馬、和田正人
ナレーター:中村梅雀
オープニング:菅野よう子「天虎〜虎の女」
時代設定::戦国時代中期 - 安土桃山時代中期
(Wikipediaより)
【会員批評コメント】
・龍雲丸の出自、悲しい過去。直虎はこの先どんな決断をしていくのか。今回は様々なキャストからなかなか深い台詞を聞きました。
・戦国時代の描き方がよくある戦中心ではなく、庶民の暮らしを交えてあるのが親しみやすい。実際には小さな国が苦労して建っていったのだろうと想像させられるのが真新しい。



4位:『サラメシ』

放送:日本放送協会(NHK)
製作:日本放送協会(NHK)
放送期間:2016年4月19日 -
放送時間:火曜 20:15 - 20:43
出演:中井貴一(ナレーション)
字幕:あり(デジタル放送標準仕様)
(Wikipediaより)
【会員批評コメント】
・中井貴一さんのナレーションが楽しい。働く人たちの昼食を見せてもらい、時には一緒に食べてもらう。シンプルなコンセプトの中に色々な人たちの生活やその背景が見えて面白い。
・火曜夜は「うたコン」からの「サラメシ」にキメてます。働く人の昼飯事情がみごとエンタテイメントのネタになっているところがすごい。ランチにまかないを出してくれる会社、うらやましい!



5位:NHKスペシャル『人工知能 天使か悪魔か』

放送:日本放送協会(NHK)
製作:日本放送協会(NHK)
放送日:2017年6月25日(日)
放送時間:21:00 - 21:49
出演:羽生善治、佐藤天彦
語り:林原めぐみ
(番組公式サイトより)
【会員批評コメント】
・将棋が世間を賑わせているだけに、興味深く見た。プロでも思い浮かばないような手を人工知能は教えてくれるため新たな発見がある反面、あまりの知性の高さに、アメリカ映画のような<ロボットの反逆!>をいつも思い浮かべてしまう。
・ショッピングモールなどでよくペッパーくんをお見かけすることが多いが、ここまで人工知能が発達してしまうと、人間の存在意義って……? 少し恐ろしさを感じる。



マイベストTV賞とは

※マイベストTV賞とは、放送批評懇談会の正会員とオンライン会員「Gメンバー」が毎月選出する、テレビ番組の評価ランキングです。

「Gメンバー」への登録は、放送批評懇談会の会員サイトからどなたでも行うことができ、登録することで毎月の「マイベストTV賞」選出に参加できるだけでなく、「GALAC」電子版の閲覧やテレビ番組の批評文や掲示板への投稿を行うことができます。

1

関連記事(外部サイト)