三段目力士の引退届を受理 弟弟子に暴力「引退勧告相当」を理事会確認

暴力問題で力士の引退届受理

 日本相撲協会は8日、東京都墨田区の両国国技館で臨時理事会を開き、鳴戸部屋の三段目力士が未成年の弟弟子に暴力を繰り返した問題で、三段目力士から提出された引退届を受理した。調査したコンプライアンス委員会が「引退勧告相当」とした答申については適当と確認し、師匠の鳴戸親方(元大関琴欧洲)は監督不十分で3カ月の10%減給処分とした。

 三段目力士の指示を受けて暴力を振るった成人の弟弟子には注意、新たに関与が判明した未成年の弟弟子には指導が与えられた。昨年12月に日本協会が定めた暴力に対する処分基準では、幕下以下の力士は出場停止などとしていた。今回は悪質性を考慮し、基準より重い引退勧告相当とした。

 一方、この日は暴力問題など不祥事の再発防止に向けた「研修ウイーク」の最終日で、親方を対象に研修が行われた。