下川めぐみがVolvikとボール使用契約を締結

下川めぐみがVolvikとボール使用契約を締結

Volvikと契約した下川めぐみ

株式会社FDRが展開する『Volvik(ボルビック)』と、2017年賞金ランク49位の下川めぐみがボール使用契約を締結。2018年シーズンより、Volvikボールの使用とともに、キャップ、キャディバッグ、グローブを着用することが発表された。


下川は「Volvikの(S3)ボールをテストした時に、手に感じる柔らかな打感と飛距離性能が自分のプレースタイルにあっていると感じました。特にドライバーショットの飛距離が伸びたことと、弾道が安定したことが契約の決め手になりました。グリーン上ではイメージ通りによく止まってくれるところも気に入っています。Volvikのイメージカラーであるオレンジは好きなカラーでもあり、2018年はVolvikのボールやアイテムとともに優勝を目指します」とコメント。

『Volvik』はマスターズ2勝の飛ばし屋バッバ・ワトソンと2017年に契約し話題となったが、日本ツアーシード選手としては下川が初の契約となっている。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

関連記事(外部サイト)