美人バレーボール選手・狩野舞子の引退に「“ビーチ”の救世主に!」の声

美人バレーボール選手・狩野舞子の引退に「“ビーチ”の救世主に!」の声

美人バレーボール選手・狩野舞子の引退に「“ビーチ”の救世主に!」の声

 バレーボール元日本代表の狩野舞子が、現役を引退すると表明したのは去る4月23日のことだった。

 所属していたPFUブルーキャッツが公式HPで彼女の退団を発表、現役も退くという。狩野は2015年に一度引退。16年に復帰していた。彼女自身は「このたび、現役を引退することに決めました。何よりも大好きなバレーボールをここまで続けてこられたことをとても嬉しく思います」とコメントしている。

「狩野は八王子実践中学、高校とバレーの名門校を経て、2007年に久光製薬スプリングスに入団。2012年のロンドン五輪に出場しています。10代の頃から注目されてきましたが、残念ながらたび重なるケガに泣かされました。引退のコメントでも『私のバレーボール人生は常にケガと向き合ったものでした』と明かしています」(スポーツ紙記者)

 実力に加えてルックス面でも注目され、木村沙織とともに女子バレーを代表する美女アスリートとして知られた。ナイナイの岡村隆史が彼女のことを気に入って、結婚相手の候補として挙げていたこともある。となればその美貌をぜひ、ビーチバレーで活かしてほしいもの。

「一度、競技から完全に離れて体を完全に治してからビーチ転向すればケガは問題になりませんよ。砂浜は腰やひざ、アキレス腱にかかる負担がはるかに少ないですから。それに彼女はまだ29歳。十分やれるはずです。ビーチバレーは“ビーチの妖精”浅尾美和が引退して以降、注目度が落ちている。木村沙織が引退した際、転向を願う声があったんですが実現しませんでした。狩野ならビーチバレーの救世主になれるでしょう」(スポーツライター)

 その時は“ビーチの舞姫”と呼ばれることになるかもしれない。

関連記事(外部サイト)