高梨沙羅が困惑!スキー新種目導入で囁かれる不安要素とは?

高梨沙羅、北京冬季五輪の新種目スキー・ジャンプ男女混合に興味も不安要素?

記事まとめ

  • 2022年北京冬季五輪の新種目、スキー・ジャンプ男女混合に高梨沙羅が興味を示したよう
  • 高梨は他の女子選手と調整方法が違い一人で海外に行き徹底的に追い込むタイプだという
  • 卓球の石川佳純は男女混合でも強さを発揮したが、新競技は高梨にとって苦手となりそう

高梨沙羅が困惑!スキー新種目導入で囁かれる不安要素とは?

高梨沙羅が困惑!スキー新種目導入で囁かれる不安要素とは?

高梨沙羅が困惑!スキー新種目導入で囁かれる不安要素とは?

 2022年北京冬季五輪で新種目が誕生する。その一つに、スキー・ジャンプの男女混合がある。各国男女2人ずつの計4人でチームを構成し、総合得点を争うというもの。これにさっそく興味を示したのが、高梨沙羅だ。

「7月のノルディックスキーの夏の国際大会で、高梨は優勝しました。平昌冬季五輪金メダルで昨季のワールドカップ覇者のマーレン・ルンビは出場を見送りましたが…。男女混合の新種目は風の向き、雪質などを的確に次のジャンパーに伝言できるかがポイントになりそうです」(体協詰め記者)

 日本はこの新競技に個人代表を現地で組ませるか、専門チームを作るかまだ決めていない。今のところ、前者の可能性が高いため、高梨は個人と団体の両方でメダルを狙える。だが、そうなると、男子選手とのコミュニケーションが今以上に重要となってくるという。

「高梨は他の女子選手と調整方法が異なるんです。代表候補は男女ともに強化合宿で技術を磨き、友情も深めていきます。でも、高梨は『個人合宿派』。一人で海外に行き、徹底的に追い込んでいくタイプ」(関係者)

 競技は異なるが、卓球の石川佳純は男女混合でも強さを発揮した。パートナーを“立てる”だけではなく、自分の個性も打ち出してくる。それは強化合宿でパートナーを知り尽くしたからだが、そう考えると、スキーの新競技は、高梨にとって苦手な種目となりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)