稀勢の里、「引退場所」濃厚で注目された大物親方のホンネ発言があった!

稀勢の里、「引退場所」濃厚で注目された大物親方のホンネ発言があった!

稀勢の里、「引退場所」濃厚で注目された大物親方のホンネ発言があった!

 秋場所で復活する、唯一の日本出身横綱・稀勢の里が、初日は白星で飾ったが、依然、崖っぷちに立たされている。

 というのも、8月31日の稽古総見では鶴竜、豪栄道、栃ノ心を相手に4勝4敗。豪栄道と激しく突き合い、押し出す場面もあったが、評論家の北の富士勝昭氏は手厳しくこう言い放った。

「軽い。右上手を取って胸を合わせられればいいが、そうならないと動きについていけない」

 さらに、9月4日、尾車部屋で行われた二所一門の連合稽古でも、豪栄道相手に3勝8敗と大きく負け越し、何と芝田山広報部長はつい本音をこう吐露したのだ。

「広報部として引退という方向で考えている」

 秋場所が「引退場所」になるというわけだ。

 八角理事長はずっと稀勢の里を擁護していたが、協相撲協会もついに見放したようなのである。稀勢の里が輝きを取り戻すことはもうないのか−。9月11日発売のアサヒ芸能9月20日号で徹底レポートしている。

関連記事(外部サイト)