ザギトワ選手のペット「縄張り争い」を収めた浅田真央ゆかりの商品とは?

ザギトワ選手のペット「縄張り争い」を収めた浅田真央ゆかりの商品とは?

ザギトワ選手のペット「縄張り争い」を収めた浅田真央ゆかりの商品とは?

 平昌五輪の女子フィギュアスケート金メダリストのアリーナ・ザギトワ選手が10月6日から開催された「ジャパンオープン2018」の試合のために来日。10月4日には平昌五輪後に贈られた秋田犬・マサルのための、「エアウィーヴ」のマットレス贈呈式に出席した。

「浅田真央のCMでもおなじみのエアウィーヴから、マサルのためにマットレスが贈呈されることになったのです。マサルは成長が著しく、これまでよりもさらに大きなサイズをプレゼントされました。以前から飼っている猫、イリースカのマットレスも合わせてプレゼントされ、ザギトワ選手は『我が家も平和になると思います』と、冗談を交えて喜びを伝えていました」(女性誌記者)

 実は8月にプレゼントされたマットレスを持ち帰った際、イリースカが先にマットレスを使ってしまい、愛犬と愛猫の間で争奪戦になったのだという。結末はマサルが“小用をたす”形で「マーキング」し、縄張りをしっかり主張したのだとか。

「ザギトワ選手はマーキングされたマットレスをすぐに水洗いしたそうですが、すぐに乾いてキレイになったと、メーカーが喜びそうなコメントを残していました。しかし、ペット用マットレスは発売されておらず、今回のマットレスは特注品で、マサル用は6万円相当、イリースカ用は3万円相当なんだそうです。今回のイベントで、ペット用マットレスの商品化に期待の声が集まるかもしれません」(前出・女性誌記者)

 今シーズンのザギトワ選手の活躍とともに、今後のエアウィーヴの商品ラインナップにも注目?

(伊藤その子)

関連記事(外部サイト)