サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヒーズインラブの一発ある」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヒーズインラブの一発ある」

サンスポ水戸正晴の「絶対万券」論「ヒーズインラブの一発ある」

 秋のGI戦線も佳境。京都で行われる今年最後のGIマイルチャンピオンシップは、顔ぶれがとにかく豪華だ。

 昨年の覇者ペルシアンナイトを筆頭にGI勝ち馬が7頭。そのうちマイルのGIを制した馬が6頭と、マイル王決定戦にふさわしいメンバー構成だが、有力どころはステルヴィオ、ミッキーグローリーなど他にも多くいて、まさに見応え満点の一戦と言っていい。

 これだけ力量馬がそろうと馬券的にもおもしろく、かつ難解と言っていいだろう。実際、簡単に収まりがたいのは、データが示すところでもある。

 馬単導入後の過去16年、その馬単で万馬券になったのは4回(馬連3回)のみだが、1、2番人気馬でのワンツー決着は、94年を最後に昨年まで23年間も途絶えている。

 さらに、目下、8年連続して1番人気馬の勝利はない。そもそも過去34回を数えるこのGI戦で、1、2番人気馬のワンツーは、たった3回しかなく、やみくもに人気馬を信頼してはいけないということだろう。

 連覇を狙うのはペルシアンナイトだが、昨年の勝利は、3歳馬として00年のアグネスデジタル以来の快挙だった。その意味でケイアイノーテック、ステルヴィオといった3歳勢は、要注意と言えそうだが、充実ぶりが目覚ましく、地力で勝る4、5歳馬がこのGI戦では圧倒的だ。

 当方としても、その古馬勢に目を向けたい。といってもペルシアンナイト、モズアスコット、アエロリットといった人気どころではない。穴党として最も期待を寄せたいのは、ヒーズインラブである。

 オープンに昇格したその初戦・ダービー卿CTを快勝した勢いで安田記念に挑戦したが、あえなく13着に散ってしまった。しかしこれは、やむをえない結果だったと言えよう。

 使いづめで調子のピークも過ぎていたし、一気に一流どころが相手では荷が重かった。それに、ダービー卿CTから3キロ増という初めて背負う58キロの斤量もこたえたことだろう。

 その安田記念後、リフレッシュ放牧明けのこの秋は2戦して【9】【7】着と、いまいち冴えない。なので評価がグーンと落ちてしまった感はあるが、穴党としては、もっけの幸いだ。前2走とも大きく負けたわけではなく、まだ復調途上の状態だったことを思うと、断じて軽く見てはいけない。

 今回は、休み明け3戦目。陣営の思惑どおり、この中間は大幅な良化ぶりを見せている。

「馬体が締まって実にいい雰囲気になった。前2走に比べ落ち着きが出てきたのはプラス。それでいて気持ちが前向きになっている」

 こう言って状態のよさを強調するのは藤岡調教師だが、なるほど、中間の稽古は軽快でリズミカル。1週前の追い切りも文句なしだった。ならば、大いに期待していいのではないか。

 前述したようにオープン入り初戦の重賞をモノにするのは簡単にできる芸当ではない。かなりの力を秘めていればこそで、京都コースは〈1 0 2 0〉と相性がいいのも強調材料である。

 サンデーウィザード(新潟大賞典)が兄にいて、コラクトゥーベイ(米GIヤング・アメリカS)など近親、一族に活躍馬が多くいる血筋。“一発”があって何の不思議はない。

 連下は当然、アエロリット、ペルシアンナイトといった人気どころになるが、中でもエアスピネルには重い印をつけたい。コース〈2 2 2 0〉、距離〈4 3 2 2〉と走れる条件がそろっており、休み明けの前走を使われ、状態も大きく良化している。要注意だ。