世界王者・張本クンは“Tリーグ合コン”よりもフツー校が好き!?

世界王者・張本クンは“Tリーグ合コン”よりもフツー校が好き!?

世界王者・張本クンは“Tリーグ合コン”よりもフツー校が好き!?

 卓球のワールドツアー王者を決めるグランドファイナル男子シングルスで、張本智和が史上最年少優勝を果たした。その勢いで「新たな学生生活」も決めてみせた。

「各競技のエリートを集めた『JOCエリートアカデミー』(本部・東京北区)は通常、高校卒業時まで在籍する組織なんですが、張本はこれを前倒しで修了。この4月から張本は高校生になるんですが、アカデミーに在籍していた場合に通う近隣の高校には進みません。国内のライバルたちとも一線を画した高校生活となりそうです」(体協詰め記者)

 彼の選んだ進学先は神奈川県下の私立高校。卓球強豪校ではない。国内のTリーグ(木下マイスター東京に所属)には出場するが、主戦場は国際試合ということになりそうだ。

「今、Tリーグは大学生の奮闘が目立ちます。田添響(木下マイスター東京)、安藤みなみ(トップおとめピンポンズ名古屋)、吉村和弘(岡山リベッツ)、打浪優(日本ペイントマレッツ)らの男女大学生が注目されていますが、彼らはいい意味でオトナ。食事会などで息抜きができるんです」(前出・体協詰め記者)

 少量だが、大学生選手たちはお酒をたしなむ場面もあるという。そこに石川佳純(木下アビエル神奈川)などオトナの女性選手もお誘いを受けることもあり、いうなれば、”Tリーグ合コン”状態だ。そんな大学生選手と女子選手の輪に入れずにいたのが、中学生の張本クンだった。一時期、平野美宇(日本生命レッドエルフ)との不仲説も囁かれた。背伸びをしたい女子高生・平野と気マジメな中学生、話が合わないとしても当然だろう。

「4月からフツーの高校に通えば、周囲も卓球選手としてではなく、級友として接するはず。そこで“弾ける”かも(笑)」(前出・体協詰め記者)

 卓球強豪校を選ばなかったのは、新たな出会いを求めたからか!?若くして世界の頂点を極めた張本クンはTリーグでは孤高の人となりそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

関連記事(外部サイト)