「氷上のお殿様」織田信成が「エンペラー役」抜擢の裏にあった“俳優志向”

織田信成がドラマ『二つの祖国』に出演 松岡修造から俳優業を薦められる?

記事まとめ

  • 織田信成がテレビ東京開局55周年特別企画のドラマスペシャル『二つの祖国』に出演する
  • 松岡修造から『ひとつ、やるべきことがある。俳優です』と勧められていたそう
  • 松岡はTBS系『陸王』に出演、織田がディレクターに出たいと言っていたという

「氷上のお殿様」織田信成が「エンペラー役」抜擢の裏にあった“俳優志向”

「氷上のお殿様」織田信成が「エンペラー役」抜擢の裏にあった“俳優志向”

「氷上のお殿様」織田信成が「エンペラー役」抜擢の裏にあった“俳優志向”

 持ち前の明るさと熱血なパーソナリティでお茶の間の人気を博し、テレビにアイスショーにと幅広く活躍しているプロフィギュアスケーターの織田信成。先祖は織田信長につながる家系で、自身のブログに「氷上のお殿様」と名付けるなど、「お殿様」キャラを自称している。

 そんな織田がお殿様ならぬ「エンペラー」になると話題になっている。

「テレビ東京開局55周年特別企画のドラマスペシャル『二つの祖国』(3月23日、24日ともに夜9時放送)で中国・清朝最後の皇帝で、『ラストエンペラー』とも呼ばれる愛新覚羅溥儀の役でドラマに出演するんです。何でも中国語のセリフもあるそうです」(芸能ライター)

 もともと、織田は役者に興味があったようだ。

「昨年3月には松岡修造の書籍の発表会に登場した際、松岡から『(織田さんは)ひとつ、やるべきことがある。俳優です』と役者にチャレンジするように勧められたんです。何でもこの直前、松岡は『陸王』(TBS系)で俳優に挑戦していたのですが、実は織田が『陸王』のディレクターに、自分も出たいと言っていたと聞いたというんです」(前出・芸能ライター)

 この松岡の話に、「陸王」だから出たかったのだと弁解していた織田。あいにく、今回は念願のスポーツにまつわるドラマではなかったが、今回うまく演じられたら今度こそ、スポーツ系ドラマのオファーにつながるかもしれない?

(伊藤その子)

関連記事(外部サイト)