メドベージェワが“エヴァ”扮装披露でファンが安堵した理由とは?

メドベージェワが“エヴァ”扮装披露でファンが安堵した理由とは?

メドベージェワが“エヴァ”扮装披露でファンが安堵した理由とは?

 6月16日、フィギュアスケート女子の平昌五輪銀メダリストでロシアのエフゲニア・メドベージェワが、インスタグラムを更新。同日まで日本で開催されていたアイスショーの「ファンタジー・オン・アイス」で披露した「新世紀エヴァンゲリオン」のヒロインのアスカ風衣装を着た姿を公開し、絶賛を浴びている。

「メドベはこれまで、『美少女戦士セーラームーン』の月野うさぎや『魔法少女まどか☆マギカ』の暁美ほむらなどの衣装を身に着け滑るなど、自他ともに認める日本アニメオタク。今回はアスカを演じた声優の宮村優子もツイッターで『最強ですね!』と反応していましたね」(ネットウオッチャー)

 そのインスタ投稿には約15万件の“いいね!”が付き、〈可愛すぎ!〉〈似合い過ぎです〉など称賛の嵐が巻き起こったのだが、中には〈まだ日本を好きでいてくれて嬉しい!〉といった安堵のコメントも見られた。

「メドベは『ファンタジー・オン・アイス』が開催中の6月8日、何者かから“悪魔よ日本から出て行け。日本人はみんながお前を嫌っている。ロシアに帰れ!”という英語で書かれた手紙を受け取っていたことが明らかになっている。本人はインスタで『全然気にしてない。この手紙は私を傷つけるものではなかった』と綴ってはいましたが、この時、《日本へ来るのが怖くなるのではないか》と心配する声が相次いだんです。しかし、彼女が何事もなかったかのようにアニメの衣装を披露し、暗に“日本愛”を示してくれたことで、ファンは胸を撫で下ろしているようなんです」(夕刊紙記者)

 無免許運転疑惑を持たれる動画を堂々公開するザギトワといい、ロシアのスケート美女はどこか肝が座っている?

関連記事(外部サイト)