村上佳菜子、NHK単発ドラマに二番手で出演するも指摘される「迷走ぶり」!

村上佳菜子、NHK単発ドラマに二番手で出演するも指摘される「迷走ぶり」!

村上佳菜子、NHK単発ドラマに二番手で出演するも指摘される「迷走ぶり」!

 3月13日放送の「黄色い煉瓦〜フランク・ロイド・ライトを騙した男〜」(NHK)で、主演の安田顕に次ぐ二番手としてフリーライター・佳野久美役を演じた、元フィギュアスケート選手の村上佳菜子。

 昨年11月27日にNHKBSプレミアムで「NHK愛知発地域ドラマ」として放送された作品だったが、安田演じる愛知・常滑の煉瓦職人である久田吉之助が、黄色い煉瓦を焼くために試行錯誤する過程など、新たなシーンが追加された。村上は愛知県出身ということで大抜擢されたと言われている。

 村上といえば、今年1月に東京・谷中にあるカフェで月1回だけバイトをしていることが報じられ、世間を驚かせたばかり。金銭的なことでバイトしているわけではなく、社会勉強のためのバイトだそうで、これは元AKBのエース・ぱるること島崎遥香が東京・新宿にある焼き肉店でバイトしている理由と同じようだ。

「村上はフィギュアスケート選手を引退した2017年4月からプロフィギュアスケーターに転向。“氷上のあやや”と呼ばれ、明るいキャラクターとキュートな笑顔を武器にタレントとしてもテレビ番組に引っ張りだこ。また、村上は愛知の名士の娘でいわゆる箱入り娘。社会勉強をしたがる気持ちはよくわかります」(女性誌記者)

 ただ、ネット上では「村上のライター役、意外と似合ってたけど女優業に進出するの?」「チョイ役じゃなくメインキャラだったから驚いた。飛躍というより迷走を感じる」「村上はどこに向かってるんだろうか?」など、村上の今後に疑問を抱く声が目立ってしまっている。果たして、村上の真意は?

関連記事(外部サイト)