大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(1)公設秘書を伴って「お願い」に

プロレスラーの大仁田厚と株式会社D・H・Gの神長大会長との間に金銭トラブルか

記事まとめ

  • 大仁田厚と株式会社D・H・Gの神長大会長との間に、金銭トラブルが発生しているらしい
  • 「他人の金を持ち逃げして知らぬ存ぜぬというのはまともな行動ではない」と会長は語る
  • 借りた金を踏み倒すのは常套手段のようだとの噂も持ち上がっている

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(1)公設秘書を伴って「お願い」に

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(1)公設秘書を伴って「お願い」に

大仁田厚「借金5000万円踏み倒し」邪道本性を憤激告発!(1)公設秘書を伴って「お願い」に

 今年6月に鳩山邦夫氏が死去した際、借りた2000万円を返済していなかったことが報じられた、プロレスラーの大仁田厚。借りた金を踏み倒すのは常套手段のようで、今度は5000万円をむしり取られたと怒りに震える人物が現れたのである。

「俺は40年間、こんなことをやってきた。今も子供たちに勇気を与えられたらって思ってる。いいか、おい、よく聞いてくれ! みんなも諦めず、夢を追い続けてほしい。イチ、ニ、サン、ファイヤー!!」

 9月11日、大仁田厚(58)はリングに立っていた。静岡県東伊豆町で行われた電流爆破マッチに勝利したあと、観客の少年をリングに上げるとその腕を高々と持ち上げ、雄叫びを上げたのだった──。

 そんな大仁田に怒り心頭の人物がいる。東京・中央区に本社を構え、ITビジネスを展開する株式会社D・H・Gの神長大会長である。

「あの時、『絶対に返しますから』と私に頭を下げたのはウソだったのか。他人の金を持ち逃げして知らぬ存ぜぬというのは、大人としてまともな行動ではない。何かしらの責任を取るのは、社会人として当たり前。もはやお金の問題ではありません。返せないのなら、それなりの制裁を受けるべきでしょう。いまだ強い憤りを感じています」

 どうやら、大仁田との間で金銭トラブルが発生しているようなのだ。

 神長氏と大仁田との出会いは05年3月に遡る。当時、大仁田は参議院議員。3月26日に後楽園ホールで開催された大仁田の卒業プロレスのDVD化を、神長氏の関連会社が運営するインターネット放送企業で制作することになり、親密になったという。その際、神長氏は1枚1万円という卒業プロレスのチケット1000枚も購入した。

 さらに、神長氏が経営するダイコーホールディングス(以下、ダイコー)は05年9月、大仁田をはじめ親族が取締役を務めるダイプロデュース(以下、ダイプロ)と業務委託契約を締結。ダイコー傘下の芸能プロであるドゥーイングプロが、大仁田のタレント活動業務をマネージメントするようになった。つまりこの時、神長氏と大仁田は、芸能プロの会長と所属タレントという間柄だったのである。

 そんな2人の間に不穏な空気が流れ始めたのは、06年4月だった。

 離婚裁判中だった大仁田は、4月4日に前夫人との離婚が成立。大仁田は財産分与と慰謝料を合わせ、1億円を元夫人に支払うことで合意したという。

「会長、相談があるのですが、聞いてもらえないでしょうか」

 そんな大仁田本人から神長氏に連絡が入ったのは、離婚成立の直後である。

 神長氏は、東京・六本木にある高級料理店「S」の個室を会合の場としてセッティング。スーツ姿の大仁田は公設秘書(現在は別の国会議員の秘書)を伴って、約束の時刻に現れた。そして深刻な面持ちで開口一番、こう切り出したという。

「離婚が成立して1億円が必要になりました。とりあえず5000万円を支払わなければならない。頼れるのは会長しかいません。間違いなくちゃんと返しますから。どうかお願いします」

 政治やビジネスの支援ではなく、きわめて個人的な問題である。神長氏は首を縦に振ることができなかった。

関連記事(外部サイト)