稀勢の里が春場所で負傷しつつも優勝 負傷による土俵人生への深刻な影響はなしか

記事まとめ

  • 稀勢の里が貴乃花親方以来19年ぶりとなる、日本出身横綱の2場所連続優勝を果たした
  • しかし、稀勢の里は13日目の日馬富士戦で負傷し、支度部屋ではうめき声を上げたらしい
  • 負傷は左上腕部の筋損傷で、土俵人生に深刻な影響を及ぼすことはなさそうだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております