スポーツ紙「穴党記者」ボロ儲け座談会!「日本ダービー」は大波乱が起きる!(1)東京で3戦全勝のダイワキャグニー

スポーツ紙「穴党記者」ボロ儲け座談会!「日本ダービー」は大波乱が起きる!(1)東京で3戦全勝のダイワキャグニー

スポーツ紙「穴党記者」ボロ儲け座談会!「日本ダービー」は大波乱が起きる!(1)東京で3戦全勝のダイワキャグニー

 ファン待望の「日本ダービー」がいよいよ今週末、東京競馬場で行われる。皐月賞は3連単106万馬券の大波乱で、今回のダービーも大混戦が予想される中、スポーツ紙「名物穴党記者」3名が集結。新聞には書けないオフレコ話が飛び交い、ついにはサンデーレーシングの代表に電話をかける事態に‥‥。

水戸 まずは、荒れた皐月賞を振り返ってみようか。

山河 牝馬のファンディーナが1番人気に支持されるようなメンバーでしたし、馬場状態の影響もあった。JRAは雨が降る前提で馬場を整備していたけど、降らなかったから、最終週なのにレコード決着。時計が速くなった分、マイル戦を得意にしている馬たちには有利な馬場でした。

豊島 それに、スワーヴリチャード(6着)、カデナ(9着)、レイデオロ(5着)など、皐月賞よりダービーを狙っているような馬が上位人気に推されて敗れたのも波乱の要因の一つです。

水戸 特にレイデオロは、休み明けでのぶっつけだった。厩舎側はあくまでも調整としていたけど、本当はソエ(管骨骨膜炎)か何かあったようだよな。

豊島 その情報も怪しいです。ホープフルのあと、ルメールには皐月賞に直行する旨を伝えていたみたい。

山河 そうそう、そのことをルメールがつい、口を滑らせちゃった(笑)。

水戸 まあ、クラブの馬だし、まさか「皐月賞は叩き台です」とは言えないからな。いずれにしても、ダービーは中心馬不在で、我々穴党の出番というわけだ。

山河 ちなみに水戸さん、皐月賞の本命馬は?

水戸 クリンチャー(13番人気)だ。4着に好走したから穴人気になりそうなのが嫌なんだが、ダービーでも本命にする。いきなり強敵と戦ってあそこまでやれたのは能力が高い証拠。それにダービーは緩い流れになるし、こういう先行馬は、2400メートルのほうが競馬をしやすいんだ。

豊島 この舞台は内枠の先行馬が穴をあけるレース。枠順しだいで3着ぐらいなら、という感じですかね。

山河 思っていたより頑張りましたけど、恵まれた感もあります。

水戸 とにかくGI級のいい馬体をしていて、父ディープスカイはダービー馬。近親にハービンジャーがいて、世界を席巻した名種牡馬ダンジグの4×3(奇跡の血量)。古馬と若駒では違うけど、キタサンブラックがジャパンCを逃げ切ったように、この馬も前々で競馬をするから、チャンスは十分あると見ている。

山河 ここだけの話ですが、先日、ダービーを勝ったことのある現役調教師と食事をした時、「トライアル組に怖い馬がいる」と。その馬がダイワキャグニーで、確かにプリンシパルSは強い勝ち方だった。僕はこの馬を本命にします。東京は3戦全勝。ダービーポジションの好位で競馬ができるのも強みです。

豊島 ただ、前走は勝たないとダービーに出られないから、9割ぐらい仕上げていたと思います。上積みは考えにくいですね。

水戸 能力は認めるけど、時計が速かったからな。その反動も懸念して、あまり積極的には推せない。

<座談会メンバー>

水戸正晴 サンケイスポーツ記者。競馬記者歴30年以上。穴党にファンが多い。週刊アサヒ芸能で「万券を生む血統論」を連載中。

山河浩 東京スポーツ記者。入社後、一貫して中央競馬担当の大穴党。04年の皐月賞では馬単1点勝負で150万円の払い戻し。

豊島俊介 デイリースポーツ記者。記者歴11年。徹底取材で得た陣営の思惑に、レース展開を加味した大穴予想で知られる。

関連記事(外部サイト)