日本バレーボール協会、ビーチバレー国際大会への出場申請漏れを謝罪 「選手の努力や信頼を裏切った」

ビーチバレー申請漏れで謝罪

日本バレーボール協会、ビーチバレー国際大会への出場申請漏れを謝罪 「選手の努力や信頼を裏切った」

日本バレーボール協会、ビーチバレー国際大会への出場申請漏れを謝罪 「選手の努力や信頼を裏切った」

画像はイメージ

日本バレーボール協会は30日、ビーチバレーボール国際大会への出場申請漏れにより、選手が出場できなくなったことについて謝罪文を公表した。


協会は、クロアチアで開催の国際大会へのエントリーを期限までに行わず、男女7ペアが欠場を余儀なくされた。この事態に、「選手の皆様はもとより関係者の皆様に深くお詫び申し上げます」「日々競技に全力を尽くしている選手の皆様の努力や信頼を裏切ることになり、競技団体としての責任を深く感じております」と謝罪した。


エントリーを失念した担当者には厳重注意を行い、今後は複数の目でチェックを繰り返すなど、再発防止に努めるとしている。

関連記事(外部サイト)