【リオ五輪・体操男子個人総合】内村航平が連覇 「何も出ないところまで出し切った」

記事まとめ

  • 内村航平が一進一退の攻防を制し、ロンドン五輪に続いて個人総合2連覇を果たした
  • 総合得点で2位のベルニャエフとの差はわずか0.099点で接戦を制しての金メダルとなった
  • 「もう何も出ないところまで出し切ったので、嬉しいより幸せですね」と内村は語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております