Bリーグ開幕戦の“衝撃”…日本に「プロバスケ」は根付くのか?

Bリーグ開幕戦の“衝撃”…日本に「プロバスケ」は根付くのか?

開幕戦のセレモニーで整列したアルバルク東京(右)と琉球ゴールデンキングスの選手たち=9月22日、代々木競技場、西畑志朗撮影 (c)朝日新聞社


 男子バスケのBリーグが、好スタートを切った。9月22日の開幕戦「アルバルク東京×琉球ゴールデンキングス」のチケットは最安でも5500円という高額だったが、20分でソールドアウト。24日に行われたB1の8試合も、6試合が完売している。

 物珍しさで来場した一回限りのファンもいるだろう。しかしアリーナに足を運んでもらわなければ、プロリーグは始まらない。まず満員という実績を作ることが、前売り券やシーズンチケット購入の引き金にもなる。そう考えればBリーグの“つかみ”はOKだった。

 開幕戦の演出はBリーグが全力をかけた内容だった。音響や照明、パフォーマンスに力を入れるということは、当初からアナウンスされていた。ただし私はかなり不安も持っていた。以前バレーボールのワールドカップを、同じ代々木第一体育館で観戦したことがある。ノリの悪い私は、かなり肩身の狭い思いをしたからだ。

 バスケに限らず「煽る」「押し付ける」演出が苦手な方は多いだろう。開幕戦と今後のBリーグがそんな雰囲気になったらどうしよう……、というのは一つの懸念だった。しかし、そんな私が開幕戦で実際に経験したのは、今まで経験したことのない陶酔感。軽さや同調圧力もなく、自然に気持ちを掴まれる仕掛けだった。特に視覚へ訴える演出が素晴らしく、照明という言葉では片づけられないアート作品だった。

 Bリーグの前身のひとつであるbjリーグもプロとしてこだわりを持ち、アリーナの演出に力を入れていた。ただBリーグ開幕戦は次元が違った。予算をかけ、才能と手間も活用し、そこに1万人の熱気が加われば、日本でもああいう空間を作れる。しかも私のようなスポーツオタクが楽しめる。それは開幕戦の現場で感じた収穫だった。

 一方でBリーグには課題もあり、その筆頭が施設整備だ。サッカーは2002年のW杯日韓大会があり、スタジアム整備で辛うじて“世界基準”を追えている。対して、バスケを筆頭にした屋内競技は、エンターテイメントに対応する施設が皆無に近い。今季のBリーグが開催されるのは、大半が公共の体育館だ。集客を想定していない、大型ビジョンやLED照明といったハードの備わってない会場が多い。アリーナ問題は音楽業界でも悩みの種と聞く。その整備はBリーグに留まらない、エンターテイメント産業振興に欠かせないポイントだ。

 Bリーグの開幕を、Jリーグと比べて地味に感じた方もいるだろう。開幕戦の視聴率(フジテレビ/関東)は5.3%。1993年のJリーグ開幕戦は、32.4%という超高視聴率を記録している。若い世代には好評だったとも聞くし、人々のテレビ離れもあるのだろうが、バスケットボールがまだ社会の本当に深いところまでは届いていないことは事実。要は「ワイドショーのネタになる」段階にない。

 Bリーグは、Jリーグの初代チェアマンである川淵三郎氏が立ち上げに尽力しており、サッカー界をお手本にした部分も広範囲にある。ただ競技の違いは別にしても、23年前とは時代が違い、日本という国の立ち位置も変わった。

 この国ではスポ―ツエンターテイメントそのものがマイナー化している。五輪やサッカーW杯のような一過性の“お祭り”は別だが、今はスポーツが地上波のゴールデンタイムを帯で確保できていない。だからこそBリーグもインターネット中継に活路を見出している。メジャースポーツが“地上波でいつも中継している”水準を意味するなら、バスケがそこを目指すのは現実的でない。

 「Bリーグに大物外国人はいるか」という質問を何度か受けたことがある。記者が「獲得しないのか」という質問をクラブの社長にしている場面も見たことがある。その答えをはっきり言うなら「NO」だ。

 一般人が知っているレベルのNBA選手を獲ろうとしたら、20億〜30億円程度の年俸を用意しなければいけない。B1クラブの年間予算はせいぜい10億円。背伸びをすれば1億円、2億円の年俸は出せるかもしれないが、バスケ界にはそれくらいの年俸を出すリーグが世界中にある。

 バスケはサッカーに並ぶ世界的なスポーツ。北米だけでなくヨーロッパ、南米、アジアと全世界にプロリーグがある。そしてスポーツビジネスのマーケットは種目を越えて連動している。

 Jリーグが開幕した当時は、まずスポーツの市場が小さかった。日本が資金力で中国に負けることもなかった。しかし、サッカー界にはその後メディアマネーが流入。新興国からの投資も入り、事業規模が巨大化した。20年前なら1億円、2億円でワールドクラスの“レジェンド級”を獲得できたが、もちろん今では無理な相談だ。

 開幕戦ではアルバルク東京のディアンテ・ギャレットが来日から3週間ほどにもかかわらず、抜群のプレーを見せた。消えるようなステップ、意表を突くラストパスと、レベルの違いを示していた。彼は元NBAの選手で、フェニックス・サンズ、ユタ・ジャズで合計2季のキャリアを持つ27歳だ。ただその彼ですらNBAではずっと控えで、一度も先発できていない。限られた予算の中でも成長性、適応力を見極めれば「いい選手」を獲ることはできる。しかし“本場の超一流”を日本に呼べる時代でない。それは野球もサッカーも同様だろう。

 Bリーグは決して悪くないスタートを切った。そもそもリーグの分立を解消し、FIBAによる制裁処分を最短で解除できたことは快挙だったといっていい。

 確かに世界は経営的にも実力的にも、日本のはるか先にいる。Bリーグはまずアジアの先頭集団に追いつき、先行するCBA(中国)、KBL(韓国)と集客や競技力で肩を並べねばならない。しかし日本バスケは少なくとも前を向かって走り始めた。そして幸か不幸か追う者の強みを発揮できる。

 バスケは学校体育に採用されており、日本人のほぼ全員が最低限のルールを知っている。夏が暑く冬は寒く、雪も降るこの国でアリーナスポーツには高い成長性がある。日本経済の低迷も、永遠に続くわけではないだろう。

 観戦歴が豊富だったつもりの私にとっても、Bリーグ開幕戦のライブ体験は衝撃だった。アリーナの整備は必須だが、あの楽しさを広く伝えられれば、日本にもプロバスケは根付くはずだ。(文・大島和人)

関連記事(外部サイト)