F1日本GPが明日開幕!「神が作ったコース」「パーフェクト」…ドライバーが絶賛する鈴鹿の“魅力”

F1日本GPが明日開幕!「神が作ったコース」「パーフェクト」…ドライバーが絶賛する鈴鹿の“魅力”

多くのドライバーから愛される鈴鹿。(写真:Getty Images)

「鈴鹿は神が作ったコース」(ベッテル)
「鈴鹿はドライバーにとって、ほぼパーフェクトなコース」(バトン)
「日本は僕にとって特別な場所。鈴鹿に行くのはいつも楽しみにしている」(フェルスタッペン)

 10月7日に開幕するF1日本GPを多くのドライバーが楽しみにしている。その理由は、舞台となる鈴鹿サーキットが世界でも屈指のチャレンジングなコースだからである。直線と低速コーナーを組み合わせたサーキットが多い中、鈴鹿は中速から高速コーナーが多くレイアウトされている。さらに前半区間には1コーナーから9コーナーまで続く連続コーナーがあり、ミスが許されない正確なドライビングが要求される点も、ドライバーから人気がある理由となっている。

 その鈴鹿で行なわれる日本GPで過去最も多くの勝利を挙げているのは、皇帝と称されたミハエル・シューマッハ。現役ではセバスチャン・ベッテルが4勝とリードしている。このベッテルに次ぐ3勝(うち1勝は富士スピードウェイ)を挙げているのが、現在鈴鹿2連勝中のルイス・ハミルトンだ。ただし、ハミルトンは前戦マレーシアGPでパワーユニットにトラブルを発生させてリタイアしたばかりで、不安を抱えながら3連勝へ挑む。

 タイトル争いで、チームメイトのハミルトンをシンガポールGPで逆転し、現在ポイントリーダーとなっているのはニコ・ロズベルグ。いまだ日本GPでの勝利はないが、昨年までの2年間は予選でハミルトンを抑えてポールポジションを獲得。過去4年、チャンピオンになったドライバーは皆、日本GPを制しているだけに、ロズベルグにとっては初タイトル獲得へ向けて、是が非でも鈴鹿での初優勝を果たしたいところだ。

 今年の日本GPは週末の天気が下り坂。2年前の日本GPでは雨の中、ダブルイエロー区間でコースアウトしたジュール・ビアンキのマシンが、マシンを改修中の作業車に突っ込むという事故が起き、昨年ビアンキは帰らぬ人となった。事態を重く見たFIAは即座にルールを改正。レース中に作業車を出す場合は、バーチャル・セーフティカー(VSC)を出して、全区間強制的に速度を落とす対策を取り、悲劇はその後、繰り返されてはいない。

 また今シーズン限りでF1からの引退を表明しているフェリペ・マッサと、来季は1年間休養をとるジェンソン・バトンにとっては、今年の鈴鹿は特別な日本GPとなる。そのバトンが所属するマクラーレンにパワーユニットを供給しているホンダにとっても、鈴鹿はホームコース。F1プロジェクトを指揮する長谷川祐介総責任者は「トップ3に続くチームを懸けて戦いたい」と、復帰後鈴鹿での初入賞を目指している。(文・尾張正博)

関連記事(外部サイト)