山縣、ケンブリッジ、桐生が9秒台への手応えを得た2016年 “Xデー”は近い

山縣、ケンブリッジ、桐生が9秒台への手応えを得た2016年 “Xデー”は近い

リオ五輪での400mリレー銀メダルをはじめ飛躍の1年を過ごし、9秒台への手応えを得た山縣、桐生、ケンブリッジ。(写真:Getty Images)

「いつ誰が出してもおかしくないところまできている」

 9月上旬、中京大陸上競技部監督の青戸慎司氏が、実感たっぷりに話した。

 リオ五輪男子400mリレーの銀メダルまで目の当たりにし、指折りの陸上指導者がそう指摘するのは、むろん男子100mにおける日本人初の9秒台のことだ。

「〈10秒00の壁〉が破られる日は近いのか」という命題は、2013年春に桐生祥秀が10秒01を出して以降、常に意識されてきた。だが、あれからかれこれ4シーズン。レースのたびに期待されながら、いまだ実証されずにいる。「今度こそ」というフレーズはすでに何度も唱えられ、そのたびに外野のヤキモキ感は募っている。

 10月8日に岩手県北上市で行われた国体の陸上では、山縣亮太とケンブリッジ飛鳥が今季最終戦として出場する予定となっていたが、ケンブリッジは予選を前に棄権。山縣も予選を走ったあとに棄権を表明し、今年も9秒台の実現はならなかった。

 しかし、2016年シーズンを戦った今。10秒2台に最初に突入した青戸氏の直感が教えるように、〈壁〉にしっかりと手を触れた段階に「今度こそ」入ったと言ってよい状況が生まれている。

 9秒台を巡って競い合うのは、山縣、ケンブリッジ、そして桐生の400mリレー銀メダリスト3人。

 山縣は今季、10秒0台を4回、うち自己記録更新3回という、高いレベルでの安定感を発揮して見せた。リオ五輪でも自らの持っていた日本人五輪最高を100分の2秒更新して10秒05。9月下旬には10秒03まで記録を伸ばした。

 ケンブリッジは5月に自己記録を10秒10まで伸ばし、山縣、桐生との3強対決となった日本選手権100mを初制覇。リオ五輪の100mも、準決勝で昨年の世界選手権銀メダリストであるジャスティン・ガトリン(米国)の弾丸スタートに慌てた面があったが、予選では自己記録が9秒86の選手を抑えて2着に入る強さを見せた。

 桐生の16年は、3位に敗退した日本選手権での号泣があり、リオ五輪も3人のなかで唯一の予選落ちという悔しさを味わった。だが、400mリレーの走りは、実質9秒台圏内と言える爆発力で、むき出しの本能がほとばしっていた。6月には自身2度目の10秒01も記録した。

 こうした今季の流れを踏まえ、3人それぞれが皆「自分こそが一番速い。自分こそが最初に9秒台を出すにふさわしい」と思っているはずだ。ひいき目の自己評価という以上の「手応え」として。現に3人とも、そうでなければ口にはしないような発言を繰り返すようになっている。この確かな手応えが9秒台を待望する人々に伝播し、青戸氏の直感に響いた。

 結果、「〈壁〉の突破の日が近い」という予感は呼び起こされる訳だが、では、その「手応え」は、どこからくるのか。

 まず山縣。山縣は12年ロンドン五輪で日本人五輪最高の10秒07を出し、桐生より先に「〈壁〉突破の予感」を沸き起こした男だ。その後、度重なるケガに苦しみながら、今季、ついに日本のトップ争いに戻ってきた。そして、リオ五輪では、何か新たな走りの感覚をつかんだ様子だ。

 10秒03を出した9月25日のレースの後、「自分の最短距離のイメージを想像し、前を見て、そこから視線を外さない。リオでつかんだ感覚を確かめられた」と語った。リオ五輪でコメントした「前に意識を持って走る、ゴールだけ見て走る感覚」を言い換えた表現だった。

 「前に」と言い表される走りの技術は、例えば「脚を後ろに流さず、素早く前に持っていく」というように、どの局面においても理にかなった動作と結びつく。山縣自身が以前から標榜してきたものであり、そうやって走れたときの感覚が新たな領域に入ってきたことを、視覚イメージ的な言い回しに託したように聞こえる。〈10秒00の壁〉を突破したときに目の前に現れるであろう風景が見え始めた、とでも言いたげなのだ。吉兆に違いない。山縣は「9秒台を狙って出す」と、何のためらいもなく言うようになっている。

 ケンブリッジの場合。リオ五輪の100mは準決勝敗退だったが、大前祐介ゼネラルマネジャー(GM)は「1大会のうちに10秒1台で2回走れたことに成長の跡が見える」と評価する。「準決勝はガトリンの飛び出しにリズムを崩されたにもかかわらず、その展開で10秒17に収められた」

 その要因は、かねてからのテーマである「力まない、無駄な力を入れない走り」に改善が見られること。それが「できないこともあるが、できることも増えた」(大前GM)という段階まで上がったのは良い傾向だ。その勢いに乗って五輪後の2戦では9秒台一番乗りを目指した。

 結果的には、来季の積み残しの宿題になったが、ケンブリッジは「これまでやってきた取り組みの延長上のことを続けていけばいい」と考えている。その現在の強化方針は、一つには、サイボーグのように鍛え上げた身体をさらに強くすることであり、大前GMはドーピングを引き合いに出した思い切った発想で次の一手を見据える。

「なぜドーピングに手を出すかと言えば、手っ取り早く速くなれるから。これを逆から考えると、強くなるにはトレーニングで強じんな体を作って走ることが重要なのであって、そこにアプローチしたい」

 最後は桐生。以前は、日本国内で一番でない自分など許せなかった。5月に山縣に負けたときは「もう2度と日本人に負けたくない」と言っていた。だが、日本選手権で日本のトップの座から陥落し、「僕はもう一番強い選手じゃないんで」とむせび泣いた。リオ五輪の100m予選敗退後には「僕はもう速い選手じゃない。速くなって帰って来たい」と語った。

 人生最大の危機だろうか。だが、その悔しさこそが、彼のスケールをひと回り大きくするに違いない。試練は人を強くする。それは、ケガに苦しんだ山縣とケンブリッジが先に経験した道でもある。リオ五輪で桐生は、「4年で人は変われる。変わっていきたい」と誓った。

 桐生の「手応え」は、リオ後の9月上旬の国内レースで訪れる。苦手のスタートを意識し過ぎていたのを改め、「スタートで使っていた力を中盤で全部出し切ってやろうと。“バーンと行ってスー”から“スーと行ってバーン”という感じに変えた」と言う。そして、「中間を意識したら力んでも伸びた。リオのリレーであれだけ走れて、100mが走れない訳がない。修正点を見直せばベストタイムは絶対出る」との感覚を得た。

 三人三様の「手応え」である。加えて言うなら、3人が激しくしのぎを削る状況が〈壁〉を突破するためのエネルギー源となる。実は、青戸氏はロンドン五輪の後の講演会で、既にリオでの銀メダルを予想していた。聴衆からは「まさか」という苦笑が漏れたという。その青戸氏が語った冒頭の9秒台の直感だけに説得力が違う。今季は慌ただしく時間切れというところなのであり、来季のXデー到来を待ちたい。(文・高野祐太)

関連記事(外部サイト)