和製横綱・稀勢の里に続き大関高安が負傷離脱 田子ノ浦親方の指導に疑問の声も

記事まとめ

  • 横綱・稀勢の里に続き大関高安が負傷離脱し5月場所出場危機となった
  • 高安は現在182キロで、高安は「ほっとけば200キロはいく」と自ら話すほどの大食漢
  • 田子ノ浦親方の評判はいいとはいえず、指導力に定評のあった西岩親方は独立している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております