日本大学と関西学院大学のアメリカンフットボール試合で反則行為 勝利主義の弊害危惧

記事まとめ

  • 日大と関学大のアメリカンフットボール試合で、日大選手による悪質タックルが起こった
  • スポーツライターは日大のアメフトについて、「スポーツではない」と断言している
  • 勝つために手段を選ばぬ監督の姿勢がうかがえるといい、勝利至上主義の蔓延を危惧も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております