緊急事態宣言の波紋 プロ野球とJリーグの落としどころはゴネても「無観客」

緊急事態宣言の波紋 プロ野球とJリーグの落としどころはゴネても「無観客」

観客制限を行っている東京ドーム(C)日刊ゲンダイ

悪夢、再び――だ。

 22日、新型コロナウイルスの感染者は東京で861人と宣言解除後最多を更新し、大阪は1167人、兵庫では547人。第4波は拡大の一途である。

 政府は上記の3都府県に対する緊急事態宣言について、23日に手続きを行い、発令決定の方針を固めた。「まん延防止」の効果を注視していた京都も21日、同宣言の発出要請を決めた。

 こうなると、プロ野球も蚊帳の外ではいられない。大阪の吉村知事は緊急事態宣言について、「(宣言期間中のイベントなどは)中止か延期が原則だと考える。抑制はしていくべきと思う」と語っていた。

■五輪のアリバイづくり

 ある球界関係者は「中止・延期の可能性は低いでしょう」と、こう続ける。

「緊急事態宣言中、大阪で阪神やオリックスの主催試合ができず、遠征にも行けないとなれば、12球団も足並みを合わせるしかない。リーグ戦の公平さを保てないからです。ただ、政府をはじめ、特に東京都は難色を示すでしょうね。ここでプロ野球の興行が停止となれば、『東京五輪も中止にしろ!』という世論の声がますます大きくなりかねない。プロ野球やJリーグには、何が何でも興行を続けさせたいはずです」

 19日付の日刊ゲンダイが報じたように、プロ野球はコロナ対策に多額の費用を投じ、人員も惜しんではいない。それでも国民の皆が皆、野球やサッカーのファンではないのも事実だ。すでに大阪では29の府立学校が休校中。変異株の流行により、若年層が重症化するケースも増えている。このまま興行を続ければ、非難は必至だろう。

 そこでいよいよ現実味を増すのが、昨季の開幕序盤に続く「再無観客」だ。プロ野球とJリーグは「無観客だけは勘弁」と訴えているが……。

「すでに東京五輪は外国人客の受け入れを断念。日本人を含めた無観客も検討されているそうです。900億円ともいわれるチケット収入はパーになるが、中止による損失よりははるかにマシ。政府や五輪組織委員会、東京都にしてみれば、五輪を開催できれば御の字なのでしょう。そう考えると、『まずプロスポーツで無観客の道筋を』となりかねません」(前出の関係者)

 野球もサッカーも、五輪の“アリバイづくり”に利用されるのか……。

関連記事(外部サイト)

×