選手村「段ボールベッド」の神話崩壊…“夜の濃厚接触”でも「壊れない」と海外選手が動画投稿

【東京五輪】選手村のベッドが「アンチセックスベッド」と話題 噂を払拭する動画拡散

記事まとめ

  • 東京五輪の選手村の段ボールベッドを巡り「アンチセックスベッド」の見立てが拡散した
  • しかしアイルランド男子体操代表の選手が、ベッドの上で跳ねる動画を投稿した
  • 国際オリンピック委員会は「神話を覆してくれてありがとう」と謝意を表明した

選手村「段ボールベッド」の神話崩壊…“夜の濃厚接触”でも「壊れない」と海外選手が動画投稿

選手村「段ボールベッド」の神話崩壊…“夜の濃厚接触”でも「壊れない」と海外選手が動画投稿

いやはや、鳥人だ(リース選手のツイッターから)

「エッチができないだって? 確かに段ボールで作られているけど、激しく動くと壊れてしまうなんてウソ。明らかに大丈夫だよね」

 ベッドの上でぴょんぴょん跳ねながら、ご機嫌に語るのはアイルランド男子体操代表のリース・マクレナガン選手(22)。18日に滞在中の東京・晴海の選手村から自身のツイッターに投稿した動画のひとコマだ。

 2年前の世界選手権で同国代表として初めて銅メダル(あん馬)を獲得。東京五輪でもメダルを期待されているだけに、さすがの跳躍力だが、“鳥人”ぶりを発揮したのにはワケがある。

「選手村では選手同士の“濃厚接触”を防ぐため、1人分の重量しか耐えられない『性行為不可』のベッドを導入している」――。そんな噂を払拭するためだ。

 入村した米代表の陸上選手が17日に段ボールベッドの写真と共に「性行為不可」の推論をツイートすると、瞬く間にSNS上で「アンチセックスベッド」の見立てが拡散。米国版「ヤフーニュース」なども取り上げる騒ぎとなっていた。

 国際オリンピック委員会は東京五輪の公式ツイッターにフェイクニュースを暴いたリースの動画を再投稿し、「神話を覆してくれてありがとう」と謝意を表明。欧米の主要メディアも「神話崩壊」をこぞって報じた。

 他の選手たちも「貴重な内部情報をありがとう」と喜びの声を寄せている。

 この調子だと、夜の“濃厚接触”がお盛んになりやしないか。

■マッチングアプリで相手探し?

「選手村内は原則、競技場以外への外出禁止で宴会はもっての外。食堂も席を間引きし、共有スペースは入場規制を敷いています。交流機会が奪われる中、“助け舟”となりそうなのが、マッチングアプリ。既に英語版アプリには、会場設営スタッフなど外国籍の五輪関係者がプロフィルを次々登録。行きずりの恋の相手を物色しているようです。さすがに選手のスマホ使用までは監視の対象外。アプリを駆使したパートナー探しが選手村内で流行するかもしれません」(大会関係者)

 20日までに入村3選手のコロナ陽性が確認されたが、アスリートの性欲に縛りをかけるのは無理な話だ。配布予定のコンドーム約15万個は批判を受け、「帰国時に渡す」(北島隆ビレッジゼネラルマネジャー)と方針転換。段ボールセックス・クラスターが発生しないことを祈るしかない。

関連記事(外部サイト)