スポーツ界の「withコロナ」来年以降も混乱必至! 反ワクチン派・ジョコビッチの今後は…

スポーツ界の「withコロナ」来年以降も混乱必至! 反ワクチン派・ジョコビッチの今後は…

ジョコビッチは今年2021年の全豪で3年連続9度目Vを飾ったが(C)AP=共同

 こんな「規定」が増えるかもしれない。

 コロナ禍が収束しない豪州。テニスの全豪オープンの会場があるビクトリア州メルボルンは8月5日からロックダウンが続く。同州は1日、スポーツ選手にもワクチン接種の義務化を発表した。テニスジャーナリストの塚越亘氏がいう。

「来年、全豪4連覇がかかるジョコビッチはワクチン接種を拒否してきただけに対応が注目されます。コロナは次々に新株が出てくる。感染状況により、入国選手に接種証明を求める国は増えるのではないか」

 東京五輪の開幕直前、米国選手団613人のうち、約100人が未接種だった。理由は異なれど、ワクチンを受けないアスリートは少なくない。

 コロナ対策ではこんなケースもある。19日開幕のNBAはワクチン接種を義務化しないものの、未接種の選手は練習日や試合当日のPCR検査が徹底され、ロッカー、食事、移動なども接種している選手とは別。未接種の者がいればチーム内でギクシャクしないか。

 米ゴルフツアーは、通常大会では選手も観客も陰性証明が不要で、観客はマスク着用の義務もない。ワクチン接種済みで症状が出ていなければ、選手は陽性者と濃厚接触しても隔離はない。

 ならば、来年2月に開催される北京五輪はどうか。ワクチン未接種の選手は北京到着後、21日間の隔離が義務付けられる。それを避けるためか、米国の五輪委員会は先月、出場する選手にワクチン接種の義務化を決めた。医学的な理由などで接種を免除されるケースもあるというが、反発する選手もいるだろう。

「競技や開催国・州などにより、感染対策やワクチン接種の有無などの対応に大きな違いがある。不平等という声が出てくるかもしれません。いずれにしても、各国を転戦するプロ選手は来年以降も、コロナとの共存に苦労するでしょう」(前出の塚越氏)

 敵はライバルだけではない。

関連記事(外部サイト)