北京五輪は大丈夫? 欧州のアルペン、ジャンプ選手が競技場を不安視

【北京冬季五輪】欧州のアルペンやジャンプ選手が北京五輪の競技場を不安視 

記事まとめ

  • 欧州のアルペンやジャンプの選手が、北京冬季五輪の競技場に不安を持っているという
  • 競技場は国際競技連盟が指導や視察をしているが、ひとつのミスが命にさえ関わる
  • 平昌五輪のジャンプ台は標高800mの所につくられ、風で競技が何度もストップした

北京五輪は大丈夫? 欧州のアルペン、ジャンプ選手が競技場を不安視

北京五輪は大丈夫? 欧州のアルペン、ジャンプ選手が競技場を不安視

ジャンプ台を視察する中国の習近平国家主席(C)新華社/共同通信イメージズ

 心配はもっともだ。

 夏季五輪ではメダル量産の中国も冬季大会はさほど目立たない。これまで金メダルは13個。うち10個はショートトラックだ。最多メダルは2006年トリノと10年バンクーバーの11個。母国開催の北京大会では、最低でも20個のメダルは欲しいところだ。

 そんな中国の強化拠点のひとつがフィンランド。同国ボカティにある五輪トレーニングセンターなどの施設で、現地指導者からジャンプやフリースタイルスキー、スノーボードなどの指導を受けている。

 現地関係者が言う。

「中国がメダルを狙っている競技は実績のあるショートトラック、フリースタイルスキーのエアリアル、スピードスケート、カーリング、フィギュアのペアです。冬季五輪の花形であるアルペンスキーのほか、ジャンプ、複合は勝負になりません。そういう事情もあって、欧州のアルペンやジャンプの選手は競技場に不安を持っている。施設建設については、国際競技連盟が指導や視察をしているが、ひとつのミスが命にさえ関わるので、選手は現地で早く滑りたいのです」

 さらに関係者は続ける。

「アルペンなら標高2198メートルの山の斜面に設けたコースの雪質やカーブの数、斜度、ジャンプは風向きや強さなどチェックしたい。特にジャンプの選手は前回大会で凝りている。平昌五輪のジャンプ台は標高800メートルの山上につくられた。近くに風力発電施設があるほど強風が吹き、防風ネットも役立たず。風で競技が何度もストップし、選手は防寒のため毛布をかぶって待たされた。アルペン競技も風の影響で日程がコロコロ変わった。『ジャンプやアルペンが盛んな国なら、あんな所に競技施設はつくらない』という声をよく聞いた」

 テスト大会で各競技はどんな評価を受けるか。

関連記事(外部サイト)