原田雅彦氏が北京五輪総監督に 逆風下で背負わされた“厄介仕事”の責務と重圧

【北京五輪】日本選手団総監督に原田雅彦氏が就任 メディアの追及に対応できるか

記事まとめ

  • 北京五輪の日本選手団総監督に、長野五輪の金メダリスト原田雅彦氏が就任した
  • 東京五輪では、尾県貢総監督がコロナ禍での強行開催について海外メディアから追及も
  • 北京五輪では、選手団のトップとして、競技以外の発言を求められる可能性もあるという

原田雅彦氏が北京五輪総監督に 逆風下で背負わされた“厄介仕事”の責務と重圧

原田雅彦氏が北京五輪総監督に 逆風下で背負わされた“厄介仕事”の責務と重圧

長野五輪スキージャンプで団体金メダルを獲得した原田雅彦=右(左は船木和喜)/(C)JMPA

 7日、来年2月の北京五輪の日本選手団総監督に、1998年長野五輪スキージャンプ男子団体金メダリストの原田雅彦氏(53)が就任した。

 原田氏は2015年から全日本スキー連盟理事に就任し、今年6月にJOC理事に就いた。

「日本選手団総監督」といっても、競技の強化の取りまとめなどが主な任務となるが、その一方で東京五輪では自国開催という事情もあり、尾県貢総監督がコロナ禍での強行開催について海外メディアからの追及を受ける場面があった。

 北京では主催国としての答弁を求められることはないだろうが、東京五輪ではIOC(国際オリンピック委員会)の体質や招致をめぐるカネの動きなど五輪の暗部が露呈。一般国民に広く知られることになった。

 北京五輪ではウイグル自治区の住民に対する弾圧が問題視され、五輪参加に批判的な見方もある。コロナの第5波は落ち着きつつあるが、五輪が開幕する4カ月後には第6波が訪れる可能性は高い。そうなると選手団のトップとして、競技以外の発言を求められる可能性も。いざ矢面に立たされたとき、メディアからの追及にうまく対応できるかどうか。

 今は不用意な言動をすればたちまち“炎上”。何が「火元」になるか分からないだけに、揚げ足をとられる発言を避け、臨機応変な対処で窮状をしのぐことが求められる。23年前、熱狂の輪の中心にいてメディアでの露出も多い原田氏だが、これからは自身の「ブランド」が失墜しないよう、細心の注意を払わなければならなくなる。

 何もこのタイミングで……と思っているかどうかはさておき、想像以上に厄介な仕事になりそうだ。

関連記事(外部サイト)