宿敵ルンビ欠場表明でも…ジャンプ高梨沙羅の北京五輪メダルには険しい道のりが

宿敵ルンビ欠場表明でも…ジャンプ高梨沙羅の北京五輪メダルには険しい道のりが

メダルへの期待は大きいが…(C)ロイター

 最大のライバルが姿を消した。

 7日、スキージャンプ平昌五輪金メダリストのマーレン・ルンビ(27=ノルウェー)が北京五輪を欠場すると、地元テレビのインタビューで語った。体重管理の問題を理由に挙げたという。

 ルンビは平昌で銅を獲得した高梨沙羅(25)にとって最大のライバル。今年3月の世界選手権でルンビはラージヒルで優勝、高梨は2位だった。

 高梨に立ちはだかる大きな壁がいなくなり、金メダルに近づいたかに見えるが、頂点への道のりは依然として厳しい。というのも、ライバルはルンビだけではないからだ。

 前述の世界選手権、ノーマルヒルでは高梨は3位、ルンビは2位。優勝したのはスロベニアの23歳、エマ・クリネツだった。平昌では14位とメダル圏外の選手だったが、五輪シーズンを前にメキメキと頭角を現し、メダル候補に浮上。今月のグランプリジャンプ最終戦では、オーストリアのマリタ・クラマー(19)が優勝した。昨年、ジュニア世界選手権で3つの金メダルを獲得するなど、脅威の若手選手として注目されている。

 高梨といえば、「W杯で男女通じて歴代最多60勝、男女通じて歴代最多の表彰台109回、女子歴代最多のシーズン個人総合優勝4回」という輝かしい記録を持つ。その一方で、五輪の舞台に苦手意識があり、平昌では金を期待されながら銅にとどまった。

 W杯は総合優勝が決まるまでに何度も飛ぶことができるが、五輪は4年に1度の一発勝負。国民の関心も高く、高梨はそのプレッシャーに勝てなかったといわれてきた。

 一人のライバルが不在になっても、表彰台の頂上は決して近いとは言えない。

関連記事(外部サイト)