日本バレーボール協会が嶋岡健治会長をクビに 無能トップお払い箱で期待される健全化

日本バレーボール協会が嶋岡健治会長をクビに 無能トップお払い箱で期待される健全化

嶋岡健治(C)共同通信社

 いいキッカケだったかもしれない。

 日本バレーボール協会が13日、嶋岡健治会長(72)を解職した。2019年12月、ビーチバレー男子ワールドツアー(20年1月開催)に参加予定のペアがキャンセルを申し出たが、協会が期限内の申請を怠り、遅延による国際連盟からのペナルティー(罰金)を逃れる目的で選手の診断書を偽造。会長らはその事実を知っていながら会見で虚偽の答弁を繰り返していた。

 嶋岡会長は1972年ミュンヘン五輪で金メダル獲得に貢献。現役時代は甘いマスクで「プリンス嶋岡」と呼ばれた。その一方、組織のトップとしては疑問符が付き、15年に日本バレーボール(Vリーグ)機構の会長に就任するも、東京五輪直前の昨年4月に突然退任。内部では「無責任だ」との声も挙がっていた。17年に会長へ就任したバレーボール協会でも、“お飾り”同然だったという。

「バスケットボールなど他競技でプロ化の動きが活発になると、嶋岡会長は『Vリーグもプロ化する』と言いながら、実現できずじまい。育成強化の部分で大きく後れを取ってきた。嶋岡会長の失職は、『これで協会の体質が変われば状況が改善されるかも』と歓迎の声すらあります」(バレーボール関係者)

 近年は石川祐希(26)などトップ選手が海外に移籍し、技術の研鑽が進んでいるようにも見えるが限定的。16年のロンドン五輪で女子が銅メダルを獲ったのを最後に低迷を続け、自国開催の東京五輪では男子のベスト8が最高。ビーチバレーも含め惨敗だった。

 今回の騒動が、嶋岡会長が在任した「空白の5年間」を取り戻すいい契機になればいいが。

関連記事(外部サイト)