貴景勝と御嶽海を一蹴…横綱白鵬は「世代交代」阻止に血眼

横綱白鵬、稽古総見で貴景勝と御嶽海を指名し一蹴 稀勢の里も1月場所出場を明言

記事まとめ

  • 横綱稀勢の里が1月場所出場を明言する一方、白鵬も調整に余念がないという
  • 白鵬は、横綱審議委員会による稽古総見では貴景勝と御嶽海を指名し、いずれも一蹴した
  • 白鵬が貴景勝と御嶽海をコテンパンにしたのは、恐怖心を植え付けるためだという

貴景勝と御嶽海を一蹴…横綱白鵬は「世代交代」阻止に血眼

貴景勝と御嶽海を一蹴…横綱白鵬は「世代交代」阻止に血眼

(左から時計回りに)白鵬、貴景勝、御嶽海(C)日刊ゲンダイ

細工は流々、あとは仕上げをご覧じろ――。

 横綱稀勢の里が13日初日の1月場所出場を明言する一方、こちらも調整に余念がないのが白鵬(33)だ。7日の横綱審議委員会による稽古総見では貴景勝(22)と御嶽海(26)を指名し、いずれも一蹴。8日は伊勢ケ浜一門の連合稽古、9日と10日も出稽古に赴いた。

 白鵬にとって、昨年は“最悪”の年だった。4場所休場で皆勤はたったの2場所。優勝1回というのも横綱昇進後はワーストの成績だった。1月場所で賜杯を抱いたのも2015年が最後とあれば、気合が入るのもうなずける。

 だが、それは成績不振だけが理由ではあるまい。昨年は新鋭の貴景勝と御嶽海がいずれも初優勝。自身が休んでいる間に、若い芽が着々と育ってきた。「鬼のいぬ間に世代交代」なんてされたら、それこそメシの食い上げだ。両者を稽古総見でコテンパンにしたのは、恐怖心を植え付けるためだ。

 本場所で当たる相手を事前に叩きのめし、本番で萎縮させるのは横綱の常套手段。かつては朝青龍のようにプロレス技まがいの相撲で物理的に「壊す」横綱もいたが、そんなことをせずとも実力差さえ感じさせれば、相手が勝手にビビる。

 白鵬は20年東京五輪の開会式で横綱土俵入りをするのが夢だという。もし、それまでに和製横綱が誕生となれば、出番を奪われかねない。

 今年3月で34歳になる白鵬。まだまだ後進に道を譲る気はなさそうだ。

関連記事(外部サイト)